桜の女王の座は確定? ★9つ獲得ミリッサはシンハライトの妹

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父ダイワメジャーでマイル適性◎ ミリッサ

11/26(土) 京都5R 2歳新馬 芝1600m
ミリッサ 牝 馬体重:414kg
★★★★★★★★★ 9点〔GIクラス〕
騎手:C.ルメール 厩舎:(栗) 石坂
生産: ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
父ダイワメジャー
母シンハリーズ(Singspiel)

出遅れ気味にゲートを出て序盤は中団やや後ろのポジションを追走、ペースが極端に落ちたこともあり、3~4角で大外を一気に進出。4角では逃げた2着馬に並んだが内外の差で一旦は1馬身ほどリードを許すも、慌てることなく加速してゴール前でキッチリと差し切った。ラスト2Fのラップが11秒1-11秒2だからスピードの最大値は相当なもの。マイラーとしての資質は間違いなく重賞級だろう。

ミリッサ

今年のオークス馬の妹ミリッサが能力の高さを見せた(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

馬格があるダイワメジャーを父に持ちながら、父ディープインパクトの姉シンハライト(430キロ前後)よりももう一回り小さい414キロ。それでいてこのパフォーマンスができると考えればポテンシャルの高さがわかるだろう。小柄に映るのは当然だが、完成度の高い馬体でトモのボリューム、前躯の発達度合いも牝馬と考えれば十分。マイルがベストだが、脚長で距離自体の融通は利きそう。

血統診断

母シンハリーズはシーザリオが勝ったアメリカンオークスで3着した馬で、母の父シングスピールはジャパンカップ勝ちと、日本に縁の深い血統。昨年のシンハライトの項でも触れたが、この血統はとにかく早い時期から活躍する。今年はそのシンハライトがオークスを勝ち、桜花賞でも2着と、兄姉が果たせなかったクラシック制覇を成し遂げた。ただ、やはり故障で引退と体質の弱さはあった。本馬は父がダイワメジャーに替わり、マイル適性が強調され、何より体質面の強化が期待できそうだ。

馬券の狙い目→桜花賞をはじめとするマイル戦線で上位の一角になる存在。姉が届かなかったハナ差をこの馬が埋める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

優馬@ソーシャル