今年も混戦の小倉大賞典 狙いは“ハンデの重い馬”

重賞データ攻略
小倉大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ローカルのハンデGIII。その割にメンバーは揃った印象も受けるが…。大阪杯のGI昇格によって重要度も増してきそうな一戦。飛躍、復活、今年のテーマは何だ?

高齢馬が奮闘を見せるレース

 昨年は4歳馬のアルバートドックが勝利。同馬はその後、七夕賞を勝つなど活躍。3年前にも4歳馬のラストインパクトが勝ち、その後も長く一線級で活躍してきた。ただ、全体的には年齢不問の傾向にあるのが当レース。

年齢別成績(過去10年)※中京開催の2010年を除く
4歳〔2.1.2.19〕
5歳〔2.3.3.31〕
6歳〔1.1.3.27〕
7歳以上〔4.4.1.38〕

 連対馬の半数近くは7歳以上の馬。高齢馬だからといって簡単に割り引けないレースとも言える。しかも小倉で行われた当レースの過去9回では1~3着馬27頭中12頭までが前走6着以下からの巻返しだったので、近走が一息でも条件次第では…ということにもなる。

安定感のある重ハンデ組

 このレースのもうひとつの特徴としては軽ハンデ馬の苦戦。

斤量別成績(過去10年)※中京開催の2010年を除く
54キロ以下〔0.0.0.45〕
55キロ〔3.1.4.29〕
56キロ〔1.3.3.23〕
57キロ〔2.4.1.9〕
57.5~58キロ〔3.1.1.7〕

 見ての通り、54キロ以下の馬が大苦戦。中京開催だった2010年こそトップハンデ馬が総崩れして54キロの馬が1~3着を独占したが、それ以降の6年間はトップハンデ馬が毎年1頭は馬券に絡んでいる。

 また、前走からの斤量の増減では、増減なしのグループが〔6.5.8.54〕、斤量増が〔1.4.0.10〕に対して、斤量減が〔2.0.1.51〕と一息。2頭の勝ち馬を出してはいるものの、複勝率が5.6%しかないのは気になるところ。

小倉でも強いディープ産駒

 当レースにおいてディープインパクト産駒は〔2.2.1.4〕と好成績。3度馬券に絡んだダコールが押し上げているのもあるが、アルバートドック、ラストインパクトと2頭の勝ち馬も出している。ここで小倉の芝中距離戦の種牡馬別成績を見てみると、以下の通り。

小倉芝1800m~2000m戦 種牡馬別成績(過去5年)
ディープインパクト〔46.44.24.237〕連対率25.6%
キングカメハメハ〔24.15.11.164〕連対率18.2%
ハーツクライ〔19.25.18.143〕連対率21.5%
ステイゴールド〔16.15.19.172〕連対率14.0%
ハービンジャー〔16.15.11.90〕連対率23.5%

 出走数が多いの確かだが、率の上でも他の上位種牡馬を上回っている。今年のメンバーには4頭のディープ産駒がいるが、ここではトップハンデのダコールと57キロのヒストリカルをマークしておきたい。

ヒストリカル

ディープ産駒の古豪ヒストリカルも注意したい1頭(撮影:日刊ゲンダイ)

 一方、小倉芝1800m~2000mの厩舎別成績では池江寿厩舎が〔21.18.8.46〕でトップ。2位は角居厩舎で〔12.6.7.48〕だった。特に池江寿厩舎は連対率41.9%とハイアベレージを残しており、馬券的には外せないポイント。池江寿厩舎からは54キロのストロングタイタンではなく、57キロのベルーフをピックアップ。角居厩舎からは57.5キロのフルーキーを。

結論

ダコール
ヒストリカル
ベルーフ
フルーキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル