新種牡馬ロードカナロアに初勝利をプレゼント ステルヴィオに★7つ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千八までならこなせる? ステルヴィオ

6/4(日) 東京5R 2歳新馬 芝1600m
ステルヴィオ 牡 馬体重:462kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:C.ルメール 厩舎:(美) 木村
生産: ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
父ロードカナロア
母ラルケット(ファルブラヴ)

好スタートから好位で折り合い、ラスト3Fは11秒5-11秒4-11秒6というラップの中、最後の1Fもシッカリと加速して評判馬サトノオンリーワン以下を突き放した。勝ち時計の1分34秒8は前日の古馬500万(1分34秒6)と遜色ないもので、この時期の2歳戦ではロードクエスト(1分35秒7)を大きく上回る歴代最速タイム。ロードカナロアの初年度産駒、その一番星に相応しい勝ちっぷりと言えよう。

ステルヴィオ

府中のマイルを好タイムで駆け抜けたステルヴィオ(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

短距離王ロードカナロアの産駒という事で、気になるのは距離適性。まだ緩さは感じさせていたが馬格は十分、それほど窮屈な造りではなく1800mくらいまでならこなせても不思議はない。ただ、重心が低くパワー寄りにも映るだけに、1400m~1600mくらいが良さそう。

血統診断

母ラルケットは3歳時にクイーンC3着など、早い時期から活躍したが、古馬になってからも準OPで2、3着がある。父ロードカナロアは香港スプリント連覇など、スプリント路線の絶対王者として君臨。5歳時には安田記念にも挑み、見事勝利を収めているように、決して距離の融通が利かないタイプではなかった。トウショウボーイやパーソロンなどが重ねられた母系の奥深さも魅力だろう。

馬券の狙い目→1400m~1600mが理想の距離。2歳戦で言うなら京王杯2歳S(東京芝1400m)で買いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル