紐荒れが狙えるエプソムC 3着馬の条件×4とは…

重賞データ攻略
エプソムカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年はルージュバックがオトコ馬を一蹴。一昨年の上位2頭、エイシンヒカリ、サトノアラジンはともにGIウイナーに登り詰めた。中距離路線に新星誕生なるか、注目の一戦。

4歳馬&2番人気以内なら堅軸

 このレースの大きな特徴は2つ。4歳馬の活躍と、比較的堅い決着が多いこと。

年齢別成績(過去10年)
4歳馬〔7.5.2.20〕
5歳馬〔2.3.1.41〕
6歳馬〔1.2.3.36〕
7~8歳〔0.0.4.40〕

人気別成績(過去10年)
1番人気〔4.3.1.2〕
2番人気〔3.2.1.4〕
3番人気〔0.3.1.6〕
4番人気〔2.1.1.6〕
5番人気〔1.0.0.9〕
6番人気以下〔0.1.6.113〕

 クラス再編直後にも関わらず4歳馬が圧倒的に優勢。裏を返せば、賞金が半減してもOPに在籍する実績&実力があるからこその成績とも言える。人気面では連対馬の20頭中19頭が5番人気以内。4歳馬が2番人気以内に支持されていれば〔5.3.1.4〕で連対率は61.5%。ただし、3着馬については10頭中6頭が6番人気以下と、紐荒れの傾向が強い。

連対のための条件

 1800mという距離ゆえにマイル路線組と中距離路線組が顔を合わせるレースではあるが、ステップ別の成績は以下の通り。

前走レース別成績(過去10年)
マイラーズC〔3.2.1.7〕
新潟大賞典〔2.2.5.28〕
都大路S〔2.0.2.10〕
ヴィクトリアマイル〔1.0.0.5〕
メイS〔0.2.0.20〕※2015年のモンゴル大統領賞を含む

 また、近5年の連対馬に絞って見ていくと、10頭中9頭に「近5走以内に重賞で3番人気以内」に支持された経験があった。例外のサトノアラジンにしても6走前にGIIで2番人気に支持されていた。今年の4歳馬でこれに該当するのは以下の2頭。

アストラエンブレム 3走前・京都金杯2番人気4着
マイネルハニー 前走・小倉大賞典3番人気16着

 アストラエンブレムは前走のメイSで2着。当レースでのメイS組が全体的に不振なのは気になる所だが、メイSで3番人気以内かつ2着以内なら〔0.2.0.1〕と信頼度は十分。3走前の京都金杯ではマイネルハニーに先着しており、ここは人気に逆らわず◎を。

アストラエンブレム

重賞初勝利を目指すアストラエンブレム(青帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 同じく、過去5年の連対馬の条件としては重賞3着以内(10頭中9頭)、東京コースで3着以内(10頭中9頭)、1800mで連対(10頭中9頭)が挙げられるが、4歳馬の次に連対馬を多く出している5歳馬ではベルーフがこれらの条件をクリア。メイS組というのを気にしないのならクラリティスカイも候補に挙がる。

高配当ゲットのための3着馬探し

 冒頭でも述べたが、連対馬に関しては比較的堅く収まるのがこのレースの特徴で、過去10年の馬連平均配当は1326円。よって高配当を期待するなら3着馬で穴を狙うしかない。過去10年、6番人気以下で3着に好走した6頭のポイントは挙げてみる。

6番人気以下で3着に好走した馬のポイント(過去10年)

  • 近5走以内にOP連対か、重賞で5着以内or0.5秒差の実績(6頭全馬)
  • 6歳以上(6頭中5頭)
  • 前走が重賞(6頭中5頭)
  • 前走で敗れていても11着以内(6頭全馬)

 以上の条件をクリアしたのは以下の2頭。

フルーキー 前走・新潟大賞典4番人気4着(0.3秒差)
レッドレイヴン 前走・函館記念2番人気9着、2走前・巴賞1番人気1着

 前走が重賞であることに拘らなければ、当レースと相性の良い都大路S組なども視野に入っては来るが、点数を絞るなら上に挙げた7歳馬2頭を3着候補に押さえたい。

結論

◎アストラエンブレム
○マイネルハニー
▲ベルーフ
△クラリティスカイ
△フルーキー
△レッドレイヴン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル