してやったりのロングスパートで マキシマムドパリが後続を完封

佐藤直文 レース回顧
マーメイドS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋には大きな舞台も マキシマムドパリ

 戦前から予想されていた通りのスローペースで、前半1000m通過は60秒6。ただ、残り800m過ぎから一気にペースがアップし、長くいい脚が要求される一戦となった。単なる直線を向いてヨーイドンの瞬発力勝負ではなく、仕掛けどころを含めてジョッキーの判断も問われる流れだったと言える。

 マキシマムドパリは、これまでとは打って変わって好位からの積極策。前述したペースアップは、この馬が動いて前にプレッシャーを与えたことに起因するが、動くのが速いかとも思われる戦法ながら、直線でも並び掛けられるシーンを作らずに後続を振り切った形だ。ジョッキーも最高に巧く乗ったと言えるが、こんな競馬ができる馬だったのか、というのが正直な感想。55キロのハンデを背負っていたことを考えても、秋には大きな舞台も意識できるはずだ。

マキシマムドパリ

早目に動いたマキシマムドパリ(橙帽)が重賞2勝目のゴールを駆け抜けた(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着クインズミラーグロは、先に動いた勝ち馬を目標に上手に立ち回ったが、その差は最後まで詰まらなかった。ただ、一旦は突き放されながら、内と外から3・4着馬が来ると渋太く盛り返しており、持ち味は生かし切ったと言える。

 3着アースライズも、直線でインをついてなかなかの伸び脚。まだ準オープンの身だが、自己条件に戻れば牡馬相手でも勝負になるレベルだ。

 4着キンショーユキヒメは、後方から外を回って脚を伸ばし、ゴール前なども一気に前を捕らえるかの勢い。51キロのハンデを生かして、これまた持ち味を十分に示した。

 5着ビッシュは、勝負どころから勝ち馬の仕掛けに合わせて動いていったが、そこでマクリ切れずという中途半端な競馬に。直線でも2着馬に寄られる不利があったとはいえ、それがなくても着順は変わらなかっただろう。

 トーセンビクトリーは、好位のインで流れに乗れていたものの、勝負どころで内に押し込められた形となり、完全に踏み遅れてしまったもの。ただ、直線でも伸びるシーンがなく、56キロのハンデも応えたと言えよう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル