素質あり、器用さあり セダブリランテスが無傷の3連勝で秋へ

佐藤直文 レース回顧
ラジオNIKKEI賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抜群の好センス セダブリランテス

 前半1000mこそ59秒5と、まずまず平均ペースの流れであったが、開幕週の絶好の馬場ということもあり、以降の4ハロンは全て11秒台のラップに。こうなると後方からの差し馬は厳しくなり、逃げ・先行馬に流れが向いたと言える。

 セダブリランテスは、スタートから出して行って3番手からの競馬。外枠で前に壁を作れなくてもキッチリと折り合えるセンスの良さは、とてもキャリア2戦の馬とは思えないほどだった。加えて、500キロを優に超える大型馬の割に、小回りコースにも対応できる器用さがあり、素質の高さを存分に発揮した形だ。無傷で迎える秋が本当に楽しみになったと言える。

セダブリランテス

ディープブリランテ産駒のセダブリランテス(桃帽)が重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ウインガナドルは、スンナリと先手を取り、1000m通過後にピッチを上げて後続に脚を使わせる絶妙の逃げ。前述した絶好の馬場も味方して、直線でも最後まで勝ち馬に抵抗していた。今日のところはハンデにも恵まれたと言えるが、自分の型で運べば相当な渋太さを発揮する馬だろう。

 3着ロードリベラルは、道中はシンガリの位置取りで、勝負どころから大外をマクって進出。直線半ばでは一気に前を捉えるかの勢いだったが、前も止まらなかった形だ。同舞台で500万特別を勝った時も同じような競馬だったが、小回りコースの方がうまく脚を使えるタイプだろう。

 4着クリアザトラックは、勝ち馬の直後でマークする絶好の位置で運ぶことができたが、序盤で少し力んでいた上に、勝負どころからの仕掛けも中途半端だった印象。急遽の乗り替わりの影響もあったろうが、小回りコースの適性も一息だったか。

 5着マイネルスフェーンは、道中は後方のインをロスなく運び、直線でも最内から流れ込んだ形。理想的な競馬だったとはいえ、ホープフルSや京成杯の脚を考えれば、少々物足りなく映った。

 サトノクロニクルは、これまた道中は勝ち馬の直後で位置取りとしては悪くなかったが、3コーナー以降のペースアップに対応できなかったあたり、器用さに欠けた印象。ただ、57キロのハンデも厳しかったと言えるだけに、ハーツクライ産駒らしく広いコースで見直す手だろう。ライジングリーズンも、サトノとほぼ同じ位置取りだったが、ある程度出して行くと本来の決め手を使えないということか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル