【ラジオNIKKEI賞回顧】オフトレイル「衝撃的な末脚」の裏で、サトノシュトラーセらは“福島対応”できず

佐藤直文 レース回顧
ラジオNIKKEI賞

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

見事なまでの大外強襲劇 オフトレイル

 レース直前に雨を貰ったものの、開幕週らしい絶好の馬場。1000m通過58秒4の速い流れに加えて、直後の3コーナー手前から待機組も仕掛けての乱ペースとなった中で、我関せずとばかりに最後方から大外を回った勝ち馬に展開がピタリとハマった一戦だった。

 そのオフトレイル。出負けはあったがテンからポジションを取る素振りも見せずにシンガリ待機。他馬が動き出したところでも慌てることなく脚を溜め、大外を回って進出した4コーナーでもまだ最後方の位置取りだったが、短い福島の直線だけで前を捉えた衝撃的な末脚を披露した。展開がハマったことは確かだが、後方から前の動きを見ながら冷静に立ち回った田辺騎手の手綱捌きもまた、お見事。距離は1800mがギリギリかもしれず、ベストは1600mの感も受ける馬だが、小回りコースで持ち味をフルに発揮しての快勝だった。

オフトレイル

大外一閃、6番人気オフトレイルが見事な末脚で重賞初制覇

 2着シリウスコルトは、枠なりに内をロスなく立ち回って、4コーナーを向いた時点で前を射程圏に。控える形の競馬ができたという点でも意義のあるレースぶりだったが、今日のところは勝ち馬を褒めるしかないだろう。

 3着ヤマニンアドホックは、今日の速い流れでも序盤は掛かり気味だったほど。本来はもう少し長い距離が合いそうだが、そのためにも折り合い面を含めた気性の成長が欲しいところだ。

 4着メイショウヨゾラは、51キロの軽ハンデを生かしたとはいえ、今日の流れで逃げ粘ったのは立派な内容。

 5着ショーマンフリートは、2着馬とは対照的に枠なりに外を回る形で、3コーナー手前から他馬と一緒に動き出したものの、反応は一息。小回りの忙しい流れに対応できなかった印象を受ける。

 サトノシュトラーセもまた早目に動いて行ったクチだが、4コーナーを回った時点ではもう手応えがなかった。もっとジックリと運べるコースや距離でないと力を発揮できないのが現状だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。