「中京最速」上がり3F32秒6の末脚 ワグネリアンに★8つ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

末脚は祖母ブロードアピール譲り? ワグネリアン

7/16(日) 中京5R 2歳新馬 芝2000m
ワグネリアン 牡 馬体重:450kg
★★★★★★★★ 8点〔GIIクラス〕
騎手:福永 厩舎:(栗) 友道
生産: ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス
父ディープインパクト
母ミスアンコール(キングカメハメハ)

上位人気3頭が圧倒的な支持を集め、三つ巴の様相となった注目の新馬戦。前半1000m通過が67秒0に対して後半1000mが57秒7という典型的な上がりの競馬に。インを突いて抜け出しを図った3番人気スヴァルナだが、外から1番人気のヘンリーバローズ。その更に外から差してきたのが2番人気のワグネリアンだった。レースのラスト3Fは11秒2-10秒9-11秒0。ワグネリアンがマークした上がり3F32秒6という数字は、改修後の中京芝で古馬戦も含めて最速。世代トップクラスの能力を示した一戦と言っても過言ではないだろう。

馬体診断

450キロという馬体重で、骨格的にはまだ成長の余地はありそう。とはいえ仕上がり自体は良く、品のある好馬体。トモを始めとした各部のボリュームも十分にあり、とにかく柔らかい脚捌きからは瞬発力も感じさせる。パドックでは2人引き&メンコの着用もあって、少し神経質な面があるのかも。距離適性云々よりも決め手の生きる展開になるかどうかが鍵になりそう。

血統診断

祖母ブロードアピールは強烈な末脚を武器に重賞を計6勝した名牝。1200m~1400mが主戦場の短距離馬だったが、芝・ダート、中央・地方を問わず活躍した。本馬の母は1勝止まりだったが、初仔となった全姉テンダリーヴォイスはフェアリーS3着、アネモネS1着と上々の実績を挙げた。父・母父の通り、クラシック向きの血統構成で来春が楽しみな一頭だ。

馬券の狙い目→距離の融通は利くタイプで、走法からも東京コースはピッタリ。ダービー候補の一頭になるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル