ゴール前で瞬間移動? ハーツクライ牝駒ナスノシンフォニー

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークス向きの素材 ナスノシンフォニー

7/22(土) 福島5R 2歳新馬 芝1800m
ナスノシンフォニー 牝 馬体重:456kg
★★★★★ 5点〔1600万クラス〕
騎手:木幡巧 厩舎:(美)  武井
生産:恵比寿興業株式会社那須野牧場
馬主:那須野牧場
父:ハーツクライ
母:ナスノシベリウス(Unbridled’s Song)

モッサリしたスタートで前半は後方から進み、向正面でポジションを上げていく競馬。大外を回るロスも大きかったが、ラスト2Fが11秒3-11秒5という上がりの速い流れで、2着馬が完全に抜け出す「勝ちパターン」をゴール寸前で差し切ったのは大きい。自身のラスト1Fはおそらく10秒台だろう。とにかく最後の100mで繰り出した末脚が頭から離れない。

馬体診断

馬体重は平均的な数字だが、フックラと大きく見せていたのが印象的。逆に言えばまだ緩さもあるのだが、それだけ伸びしろがあるということでもある。気性面にはまだ幼い面を残しているが、スナップの利いた脚捌きは瞬発力の証。トモの肉感も十分にあり、スタートは経験を積めば出るようになるはず。走法からも広いコース向きのタイプ。

血統診断

母は芝1400m~1800mで3勝。母父Unbridled’s SongはBCクラシック~ペガサスWC~ドバイWCを連勝した現世界最強馬アロゲートの父としても知られおり、母系はバリバリのアメリカダート血統が重ねられてきた。とはいえ、一族には愛セントレジャー、アスコットゴールドCを制したステイヤー、オーダーオブセントジョージやフローラS1着のミッドサマーフェアの名前も。距離延長にも対応できる素地はある。

馬券の狙い目→オークス向きの素材で、レースぶりからも東京コースはドンピシャ。フローラS(東京芝2000m)など、長目の距離で狙っていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル