重賞初Vロックディスタウンには「まだクラシック級の評価は下せない」

佐藤直文 レース回顧
札幌2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新種牡馬産駒の重賞一番乗り 孝行娘ロックディスタウン

 今年の札幌の新馬戦では、クラシックも意識できる大物が何頭か勝ち上がっていたが、そのあたりの参戦がなく、例年に比べると小粒なメンバーだった。良馬場で1分51秒4という平凡な決着タイムも、少々物足りなさが残る。

 ただ、勝ったロックディスタウンの前途は有望だろう。道中は中団でジックリと控え、直線では先に抜け出した2着馬をキッチリと捉えたもの。初戦とは異なる馬場とコース形態や展開に対応したセンスの良さは2歳馬離れしており、粗削りだったこの時期の父オルフェーヴルとはまた違ったタイプだが、勝負根性は父を彷彿とさせた。前述したように、今年のレベルを考えると、まだクラシック級の評価は下せないものの、先々が楽しみであることは確かだ。

 2着ファストアプローチは、好位で絶妙に立ち回り、これまたセンスの良さを示したが、勝ち馬が一枚上だった。タイプとしてはマイルがベストだろうが、小回りであればこのくらいの距離でも十分に力を発揮できるだろう。

 3着ダブルシャープは、勝負どころから大外を回って進出し、直線でも石川倭騎手のムチに応えてよく脚を伸ばしたもの。ただ、突き抜けるまでに至らなかったのは、距離だろう。べーカバド産駒だけに、マイルが限界かもしれない。

 4着シスターフラッグは、初戦とは違って道中は中団のインで大人しく追走する形だったが、初戦ほどの爆発力は見られなかった。こういう競馬を経験したこと自体は今後に繋がると思うが、初戦のような荒っぽい競馬の方が弾けるタイプかもしれない。

 5着コスモインザハートは、中団から伸びずバテずで自分のポジションを守った形だが、洋芝よりも軽い芝が向くタイプだろう。

 クリノクーニングは、スタートが一息だったのに加え、勝負どころで3着馬が仕掛けた時にも反応できなかった。現状では先行してこそのタイプだろうが、成長を待ちたい。カレンシリエージョは、勝ち馬の直後を追走していたが、これまた勝負どころから反応が悪くなってしまった。前走の大楽勝は、馬場に恵まれた面があったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル