デムーロ積極騎乗で鬱憤を晴らす ファインニードルが重賞初V

佐藤直文 レース回顧
セントウルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上のステージでも期待 ファインニードル

 行くだけ行って、というガンガン飛ばすタイプの馬が不在で、前半3ハロンが33秒8というこのレースでは落ち着いた流れもある程度予想されたことだった。ただ、後半も33秒7で1分7秒5の決着は、例年よりもメンバーの質が劣っていたとはいえ、まずまずの時計だったと言える。

 ファインニードルは、テンから出して行って逃げた馬の直後に収まり、直線を向いてからは何が何でも抜け出すぞ、というデムーロ騎手の気概に馬も応えての完勝劇。ジョッキーの責任ではなかったとはいえ、前走の北九州記念では直線で包まれて何もできなかっただけに、余計に積極的な騎乗となったのだろうが、先行してこれだけしっかりとした末脚が使えるのであれば、上のステージでも期待が持てる。

ファインニードル

先行抜け出しでファインニードル(左)が重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ラインミーティアは、落ち着いた流れもあってか、いつもほど追走に苦労することなく中団のインを追走。直線では一瞬進路を失うシーンもあったが、勝ち馬が抜けたあとを巧く立ち回った。年明けまでは、1200mでは1000万条件でも足りないレベルの馬だったが、サマー王者まで手繰り寄せた7歳にしての本格化。前走がフロックではないことを証明した形だ。

 3着ダンスディレクターも、そう大きくは離されずに追走し、直線では外から力強い伸びを見せた。7ヶ月ぶりの骨折明けでこれだけ走れば地力を示したと言えるが、このあと無事ならタイトル争いに再浮上の可能性もある。

 4着メラグラーナは、ここ2走とは違って絶好の馬場だったことで、持ち前の鋭い決め手を発揮できたが、それでも2着争いまでだったあたり、現状ではここらあたりが限界なのかもしれない。

 5着アドマイヤゴッドは、道中は勝ち馬の直後をロスなく追走し、直線で巧く外へ持ち出されて、一瞬は抜け出すかのシーンもあった。最後は決め手の差が出たとはいえ、力は付けている。

 フィドゥーシアは、他に速い馬もいなかったことで、大外枠からでも比較的楽にハナへ行くことができたが、それでいての失速には首を傾げざるをえない。直線1000mでは行って正解の馬なのだろうが、コーナーのある1200mでは好位で息を入れて運ぶ形が理想なのかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル