18冠ベビー再び 兄達を超えたいシルヴァンシャーに★7つ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出遅れも大外加速から差し切りV シルヴァンシャー

9/10(日) 阪神5R 2歳新馬 芝2000m
シルヴァンシャー 牡 馬体重:470kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:M.デムーロ 厩舎:(栗) 池江寿
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
父:ディープインパクト
母:アゼリ(Jade Hunter)

スタートでトモを落として大きく離れた最後方からの競馬に。道中はやや促されながらの追走だったが、3角辺りで前を射程圏に入れると、大外をグイグイと加速。1頭だけ違う勢いでラスト2Fは11秒2-11秒3。着差こそ3/4馬身ではあるが、これだけロスの大きな競馬をして、この末脚。持っている能力は確かなモノだろう。

シルヴァンシャー

“18冠ベビー”シルヴァンシャーがデビュー勝ち(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

スッキリとしたムダのない馬体の造りでありながら、トモのボリュームなどは十分。この血統の特徴なのか胴がコンパクトにまとまっていて、マイル位の距離もこなせそうな雰囲気がある。スタートの出遅れに通じているように、気性面の若さはある。父の産駒らしい上質な瞬発力は馬体からも感じられ、今後の成長も見込めそう。

血統診断

母アゼリは既に日本でも知名度が高くなってきた感もあるが、北米でGIを11勝して年度代表馬にもなった歴史的名牝。全兄のロイカバードとアドマイヤアゼリは、セレクトセールにてそれぞれ2.5億、2.7億の値が付いたことでも有名だが、本馬はサンデーレーシングにおいて1口400万(全40口・総額1.6億円)で募集されていた。母や兄の競走成績を考えると、完成時期はやや遅めかもしれない。

馬券の狙い目→スタートの不安も考えると、シクラメン賞(阪神芝1800m)や東京コースの芝1600m~1800mのようなユッタリ運べる条件が良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル