道悪をスイスイ、左回りも得意? エアスピネルが完勝で本番へ

佐藤直文 レース回顧
富士S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巧みなコース取りから後続を寄せ付けず エアスピネル

 東京の土曜は、日曜ほどではなかったにしろ、雨をたっぷり含んでの不良馬場。歴戦の古馬の戦いとはいえ、こういった馬場の経験がない馬がほとんどで、道悪の巧拙の差がハッキリと表れた一戦だった。

 エアスピネルは、好位追走から4角では先頭に並びかけ、直線で馬場の真ん中へ持ち出されると最後まで後続を寄せ付けない完勝ぶり。これほどの道悪は未経験だったとはいえ、全く苦にすることなく、加えてこれまで結果こそ出ていなかったとはいえ左回りの方が抜群にいいと思える走りっぷりだった。5着に終わった安田記念も、スムーズに馬群を捌けていれば突き抜けていた可能性すらあるが、これで本番のマイルCSも当確か、と問われれば、右回りに替わる点でどうかの疑問も残る。

エアスピネル

道悪を苦にせず重賞3勝目をあげたエアピネル(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着イスラボニータは、枠なりに中団の外目を回る形だったが、地力の高さは示す走り。勝ち馬との差も、道悪の適性と斤量の差だったと言えなくもない。本番に向けては視界良好だろう。

 3着クルーガーは、後方からジックリ脚を溜めて運んだが、最後は馬場の荒れたところを力強く伸びていたように、道悪は相当巧い。順調に使えないというネックがある馬だが、体質の強化次第ではまだまだ活躍できそうだ。

 4着レッドアンシェルは、直線で一頭だけラチ沿いを通って見せ場十分の走り。久々かつ初の古馬相手でこれだけ走れば御の字であり、道悪も当然巧い。

 5着ペルシアンナイトは、直線で馬場のいいところへ持ち出せず、伸びもジリジリ。道悪が下手だとは思えないが、ダービー以来の休み明けに加えて、マイル戦も久々だった影響があったか。

 サトノアレスは、明らかに道悪はマイナスと思える走りで、前走の敗因もその辺にあったかと思える。グランシルクは、前走の1分31秒6がいかにも走り過ぎで、その反動が出たように思う。道悪自体はけっして下手な馬ではない。ロードクエストは、馬場などの問題ではない。完全復調にはもう少し時間が必要だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル