この強さならGI獲りも迅速に 新星テイエムジンソクが頂上決戦へ

佐藤直文 レース回顧
みやこS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチリ仕上げで能力全開 テイエムジンソク

 ここはチャンピオンズCの前哨戦になるとはいえ、トップレベルの馬たちがJBCに出走したこともあって、やや小粒なメンバー構成となったが、全く危なげなく後続を寄せ付けなかった勝ち馬に関しては、JBC組とも遜色のないレベルと言えそうだ。

 テイエムジンソクは、枠なりに外を回る形となったが、序盤から自分のペースを守って運んでいたら、4コーナーではいつの間にか持ったまま先頭に立つ形。最後の最後で脚は上がり気味だったが、これは淀みないペースで走り続けてのもので仕方はないだろう。札幌戦以来の久々だったが、キッチリ仕上げられたことで自分の競馬ができたと言えるし、正攻法で安定して力を発揮できるという点で、本番でも期待して良さそうだ。

テイエムジンソク

テイエムジンソク(左)が正攻法で重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ルールソヴァールは、勝負どころから勝ち馬の後を追う形で進出し、直線でも手応えの割りに最後まで渋太く脚を伸ばしたもの。初コースながら舞台の条件がピッタリだったと言えるが、2日前にJBCクラシックを制した兄サウンドトゥルーも本格化は5歳秋という遅咲きであり、これからもっと強くなる可能性はある。

 3着キングズガードは、後方でジックリと脚を溜めるのは当初からの作戦だったろうが、最後の脚を見ると、もう少し前で運べていたら、という印象も否めない。ただ、距離やコーナー4回の競馬を克服できたことは大きな収穫で、今後の選択肢も増えることだろう。

 4着タムロミラクルは、前走に続いて人気以上の着順だったもので、今日のようにスムーズに流れに乗る競馬ができれば、けっして大崩れはしない馬だ。

 5着モルトベーネは、内枠で出負けしたこともあって後方からとなったが、脚が溜まった分、最後まで脚は使えていた。ただ、今日のメンバーでこの着順では、まだいい頃の状態に戻っていないと言える。

 エピカリスは、急仕上げでもこのくらいのメンバーならアッサリまであるのでは、と思えたほどの能力レベルにあることは確かだが、陣営コメントの“皮一枚厚い”仕上げにはほど遠く、“皮三枚”くらいと思えるデキでは、今日の結果も仕方ないだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル