コーナー4回の小回りがピッタリ ウインブライトが古馬を完封

佐藤直文 レース回顧
福島記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容的には着差以上 ウインブライト

 前半1000m61秒6のスローペースに加えて、適度に荒れてきた馬場で、立ち回りの巧さが問われる一戦となった。ゴール前も3頭が鼻先を並べる形となったが、結果はハンデの軽い順であり、紙一重の差だったように思う。

 ウインブライトは、好位で運んで直線でも早目に先頭に立つ正攻法の競馬。目標となった分、後続に差を詰められての辛勝だったが、内容的には着差以上の強さとも言える。GIや古馬一線級との戦いでは結果を出せなかったものの、スプリングSと同じコーナー4回の小回りコースがピッタリの馬だろう。

 2着スズカデヴィアスは、上がり最速でも4着止まりだった七夕賞よりは前目のポジションで運び、直線でも持ち前の末脚で勝ち馬をクビ差まで追い詰めた。前走は道悪で伸びを欠いたが、2000mのGIIIならいつでも勝てるレベルの力はある。

 3着ヒストリカルは、近走でも序盤で脚を溜めて行けばそれなりの脚を使えていたが、今日は早目に追い上げを開始して4コーナーでは射程圏に。直線を向いて少し内へモタれたのは痛かったが、最高の立ち回りで見せ場十分の内容だった。

 4着マイネルディーンは、折り合い重視での直線勝負で、一番いい脚を使っていたが、今日の流れではここまでだった。

 5着ショウナンバッハもまた、直線に懸ける勝負。一瞬の脚が生きる競馬になれば、まだまだどこかでチャンスがある。

 サンマルティンは、大外枠から前に壁を作れず掛かってしまったのが全てだったと言えるが、今日の負けっぷりからは、デキ自体も本物ではなかったと言えるだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル