398キロの女馬がダービー候補を一蹴 アドマイヤリードの切れ味に高評価

【優馬2歳馬チェック】
400キロほどの小柄な馬体に、勝負強さと抜群の切れ味…、阪神JFを制したレッドリヴェールを髣髴とさせるアドマイヤリード。ダービー候補との呼び声もあったシルバーステートを下して、堂々の勝ち名乗り!

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな体に牡馬顔負けのエンジンを搭載 アドマイヤリード

7/11(土) 中京5R 2歳新馬 芝1600m
アドマイヤリード 牝 馬体重:398kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:川田 厩舎:(栗) 松田博
生産: ノーザンファーム
父ステイゴールド
母ベルアリュールII(Numerous)

好位の後ろにつけて、遅いペースでもいシッカリと折り合っていた。勝負所で馬群の中に入っても怯むことなく追走。直線で外に進路を取り、慌てることなく残り300m辺りから仕掛けると、先に抜け出して完全に勝ちパターンだった2着馬をゴール寸前で差し切った。切れ味と勝負強さは高く評価できる。

398キロの小柄な牝馬アドマイヤリードがデビュー勝ち(撮影:日刊ゲンダイ)

398キロの小柄な牝馬アドマイヤリードがデビュー勝ち(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

レースでの馬体重は400キロ未満と、パドックでも見た通り、かなり小型。胴回りは細すぎるくらいだが、無駄肉がついておらず、仕上がりは言うことなし。今後はもう少し馬体重が増えて420キロくらいになればいいが、タイプ的には同じステイゴールド産駒のレッドリヴェールと同じように、間隔をあけての一発勝負型かもしれない。

血統診断

母の父NumerousはアメリカのGIIIウイナーに過ぎないが、日本で種牡馬として活躍したジェイドロバリーの全弟にあたり、祖母は名牝スペシャル(ヌレイエフの母・サドラーズウェルズの祖母)という名門の出。母は米仏のGIIIを各1勝、一族はフランスで重賞ウイナーを多数輩出の由緒正しい血統。姉2頭は未出走・未勝利だった辺り、体質などにやや不安を残している。

馬券の狙い目→小柄な馬で休み明けが勝負。マイル前後の桜花賞トライアル向き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル