3歳馬サトノクロニクルが“もうひと伸び”でV 次は有馬でも…

佐藤直文 レース回顧
チャレンジカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菊の鬱憤を晴らした サトノクロニクル

 前半1000mが59秒9と、開幕週の絶好馬場を考えれば遅い流れ。内回りコースでもあり、3角過ぎから各馬が早目に動き出す展開となったが、その勝負どころで脚を溜められたぶん、勝ち馬がゴール前での大接戦を制したと言える。

 そのサトノクロニクルは、好位でスムーズに折り合って運ぶ本来の形で、直線で先頭に立ってからは2着馬に一旦は前に出られたが、そこからもうひと踏ん張りできたのは、前述したように脚が溜まっていたため。このあたりは鞍上の巧さだったろう。ただ、詰めの甘いところもあるハーツクライ産駒がこういう競馬をできたのなら、今後も飛躍が期待できるはずであり、それもそう遠い先の話ではなく、有馬でもの感すら受ける。

サトノクロニクル

他馬の追撃を“もうひと伸び”で凌いだサトノクロニクル(赤帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着デニムアンドルビーは、最後は早目に動いた分とはいえ、一瞬の脚はうまく生かしたと言える。直線の長いコースよりも、むしろこういう競馬ができる内回りの方が合っているのかもしれない。

 3着ブレスジャーニーは、うまく追い上げることができて、直線では前2頭を一気に交わすか、というシーンもあったが、7歳牝馬に追い負けたという点では、まだ良化途上だったと言える。これまた、この先へ向けての期待は大きい。

 4着モンドインテロは、3着馬と並んで追い上げて見せ場は作ったものの、2000mの瞬発力勝負ではこの結果も仕方ないだろう。ただ、それでもこれだけ走れたのなら、普通にステイヤーズSを使っていればチャンスはあったかも、との感も受けた。

 5着スーパーマックスは、上位4頭から4馬身差のノーチャンスだったとはいえ、芝は2度目の3歳馬であり、今後も中央への挑戦を続けて来ればいずれは、という可能性もある。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル