1番人気が大不振の重賞カペラS データ班イチオシの穴馬は…

重賞データ攻略
カペラS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中央競馬で唯一となるダート1200mの重賞がこのカペラS。今年はJBCスプリントでも大接戦を演じた浦和のブルドッグボスが参戦。迎え撃つ中央勢も強豪揃いで、砂上の戦いはヒートアップ!

距離短縮組が中心

 今年で10回目を迎えるカペラS。過去9回で1番人気が〔0.1.1.7〕と大不振。昨年こそ3→2→1人気で決着したが、2014年には馬連5万超えの大波乱が起こるなど、浮沈の激しいレース。まずは臨戦過程から整理していこう。

前走距離別成績(過去9年)
1200m〔0.3.2.61〕
1400m〔7.5.5.39〕
1600m〔2.1.2.10〕

 前走が今回と同じ1200mだった馬が不振で、勝ち馬も含めて馬券対象の多くは今回が距離短縮だった馬。次にレース毎の成績を見てみると、以下の通り。

前走レース別成績(過去9年)
霜月S〔3.3.2.10〕
武蔵野S〔2.1.2.7〕
オータムリーフS〔2.1.1.10〕※京都オータムリーフプレミアムを含む
JBCスプリント〔0.1.2.8〕
室町S〔0.1.0.16〕
1600万〔1.0.0.12〕
OP特別〔6.6.5.59〕
GIII〔2.1.2.11〕

 最も成績が良いのは東京ダート1400mのOP特別・霜月S組。そこで5着以内に入っていれば〔3.2.1.4〕と高い好走率を誇る。今回のメンバーでは霜月S4着のキクノストームがこれに該当。思い返せば2015年の当レース勝ち馬でもあり、近2走を見る限りはまだやれそうだ。

実績面のポイントは…

 近年を振り返ると逃げ切りが決まったり、追い込みが決まったり。掴み所の難しさはあるが、好走のポイントは以下の通り。

カペラSのポイント(過去9年)

  • 関西馬〔8.6.6.80〕
  • 関東騎手〔7.8.5.89〕
  • 3歳〔0.0.0.6〕、7歳以上〔0.0.2.33〕
  • ダート1200mで1着(連対馬18頭中14頭)
  • ダート1400mで1着(連対馬18頭中15頭)
  • OP・重賞で1着(連対馬18頭中13頭)

 関西馬が優勢ではあるが、騎手は関東、というケースが多い。ただし、関西馬&関西騎手の組合せが悪いということではない。また、3歳馬にとっては敷居が高く、1600万勝ち直後だった4頭も全てが馬券外。高齢馬も同様に苦戦しており、前述のキクノストーム(8歳)を拾った手前、その他の馬に手を広げるのも気が引ける。

 実績面では、先に述べた距離短縮ともリンクするが、1200mだけでなく1400mでの実績も欲しい。過去を見返してもこのレースはハイペースが常。1400m位でも乗り切れるような馬でないと厳しいか。

波乱に期待する手も

 当レースでは1番人気の不振だけでなく、2番人気も〔1.1.1.6〕と一息。JBCスプリント組がパッとしない成績も相まって波乱傾向は強い。昨年はそのJBCスプリントで3着だったコーリンベリーが1番人気に推されたが、3着が精一杯だった。

 冒頭で距離短縮が当レースで優勢と書いたが、今年のメンバーではキクノストーム以外に該当馬はキャプテンシップのみ。OP・重賞での勝利こそないが、1000万時代にOPに格上挑戦して0.1秒差の3着がある。前述の条件面にもピッタリ合致しており、狙って面白い。

 関西馬に関東の騎手が騎乗、4~6歳、ダート1200m・1400m両方に勝ち鞍がある、そしてOP・重賞で勝利経験というポイントに当てはまるのはキタサンサジンショコラブランの2頭。キタサンサジンは今年、中山ダート1200mで最多勝のサウスヴィグラス産駒。ショコラブランは今春、この中山ダート1200mで1600万~OPを連勝と、プラス材料は十分。

 もう1頭挙げるなら人気所だがサイタスリーレッド。騎手が短期免許のシュミノーJという点を除けば、上に挙げた条件は全てクリア。不良馬場&トップハンデの前走は大敗したが、前走を除けばダート転向後は〔5.0.1.0〕。無視はできない。

サイタスリーレッド

9月に浦和で重賞を勝ったサイタスリーレッドは外せない1頭(撮影:日刊ゲンダイ)

結論

キクノストーム
キャプテンシップ
キタサンサジン
ショコラブラン
サイタスリーレッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル