大野J×高木厩舎のホットライン 好時計勝ちオーロリンチェに高評価

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芝でやれそうな雰囲気もあり オーロリンチェ

12/9(土) 中山6R 2歳新馬 ダ1200m
オーロリンチェ 牝 馬体重:482kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:大野 厩舎:(美) 高木
生産:Trackside Farm & Tenlane Farm
馬主:岡田牧雄
父:Discreet Cat
母:It’schemistrybaby(Meadowlake)

好スタートからハナを奪い、そのまま逃げ切り勝ちを収めた。追いすがる2着馬との3/4馬身差は最後まで詰まらず、3着には3馬身差。先週の2歳500万の勝ち時計が1分12秒2の決着であったことを考えれば、1分11秒9は相当に優秀で、過去10年を振り返っても、2歳の新馬・未勝利戦(良馬場)で歴代3位になる。1位アドマイヤジェット(500万も連勝)、2位スノードラゴン(スプリンターズS)に次ぐもので、牝馬のダート短距離という難しいカテゴリーではあるが、出世が期待できる馬だ。前述のスノードラゴンやサウンドトゥルーでおなじみ、大野Jと高木厩舎のホットラインにも注目だ。

オーロリンチェ

ダート1200mの新馬戦を好時計で逃げ切ったオーロリンチェ(黄帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

パドックでの様子を見ると、ややテンションが高く、気性面は今後の課題になってきそう。スピードタイプの牝馬らしい線の細さはなく、482キロという馬体重が示す通りのがっちりとした馬体。前後によくまとまっていて、短距離型らしいシルエットをしている。脚先の捌きに柔軟性があって芝でもやれそうな雰囲気があるのは、今後の選択肢を考えても悪くはない。

血統診断

父Discreet Cat(ディスクリートキャット)はデビューから6連勝でGI・シガーマイルHやGII・UAEダービーを制しており、日本での産駒にはエアハリファ(根岸S)がいる。母父Meadowlake(メドウレイク)は現役時代に3戦3勝、デビュー2戦目でダート1300mのGIを勝利している。父、母父は早熟&短距離傾向の強い血統構成だが、母系を辿るとゴールデンフェザント(ジャパンC)やベッラレイア(オークス2着)などがいて、ダート短距離専門とも言い切れない。

馬券の狙い目→気性面に課題はあるが、ごぎょう賞(中京ダ1200m)など、500万のダート1200m~1400m自体は番組も豊富。芝替わりでも狙ってみたいタイプ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル