横行する「スロー逃げ」に一石 テイエムジンソクが圧逃V

佐藤直文 レース回顧
東海S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉を切らせて骨を断つ テイエムジンソク

 逃げは単にスローに落とせばいいというわけではない。自分も楽だが後続も楽になり、瞬発力に長けた馬の餌食となる危険性も高くなるからだ。真の強さを持つ逃げ馬なら、自ら厳しいラップを刻んで後続にも脚を使わせる、いわば“肉を切らせて骨を断つ”策がベストであり、久々にそういう競馬を観た気がする。

 単勝1.3倍という断然の支持を受けたテイエムジンソクは、スタートを決めてハナを奪うと、1000mを61秒5で通過。まさに、来るなら来いと言わんばかりの正攻法の逃げであり、最後は2着馬を突き放すまでは至らなかったものの、最後まで手応えに余裕のある完勝だった。チャンピオンズCの時よりも力の要る馬場だったことを考えれば、走破タイムもけっして悪いものではなく、もうGIも楽に勝てるレベルだろう。

テイエムジンソク

正攻法の逃げで断然人気に応えたテイエムジンソク(右)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着コスモカナディアンは、対照的に単勝オッズが100倍を超える人気薄での激走だったが、別格の強さを示した勝ち馬にここまで迫ったのはとてもフロックとは思えない。今日の走りを見ると、右回りよりも断然スムーズで、左回りであれば重賞制覇のチャンスもあるだろう。

 3着モルトベーネは、前々で運ぶ積極的な競馬だったが、2着馬から6馬身も離されては、そう評価することもできない。

 4着サンマルデュークは、自分の競馬に徹して直線で差を詰めた形。近走は年齢的な衰えも見せておらず、オープン特別ならどこかでチャンスがあるかもしれない。

 5着クインズサターンは、流れ自体は向いたとはいえ、まだ重賞では力不足か。

 ディアデルレイは、道中2番手で運んで勝ち馬に潰された形だが、勝負を挑むならハナを叩くぐらいの気構えが欲しかったところ。それができなかったのは、まだ力不足とも言えるが、中途半端なレースぶりで本来の力を発揮できなかった感を受けた。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル