行った行ったでサトノフェイバーがV ダノンマジェスティは「それ以前の問題」

佐藤直文 レース回顧
きさらぎ賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渋太く伸びてハナ差V サトノフェイバー

 前半1000mが61秒3という超スローペース。ただでさえ、差し追い込みの効きづらい荒れ馬場の上に、この流れとなっては、行った行ったの決着となったのも至極当然だった。

 サトノフェイバーは、何の苦労もなく先手を取り、思い描いた通りのマイペースの競馬。3コーナー手前で一旦は2着馬に先を越されるシーンもあったが、ペースを落としたままでハナを譲らずに運べたのも良かった。直線でも最後まで渋太く伸びて猛追を凌ぎ切ったが、距離は2000mかもっと延びていいタイプだろう。

サトノフェイバー

スロー逃げから猛追を凌いだサトノフェイバー(赤帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着グローリーヴェイズは、スローペースを見越して、向正面で進出して2番手に上がる鞍上の好判断が光ったと言えるが、最後にハナ差及ばなかったのは、ディープインパクト産駒には厳しい荒れ馬場だった分だろう。負けて強しをアピールした一戦だったように思える。

 3着ラセットは、道中は後方のインをロスなく立ち回り、直線で外へ持ち出してメンバー最速の上がりで差を詰めたもの。上位2頭には2馬身半と水を開けられたものの、ペースや位置取りを考えれば仕方なく、自己条件に戻ればすぐに勝ち上がれるレベルだろう。

 4着レッドレオンは、ペースにも恵まれての入着だったが、キャリアを考えれば上々のセンスを見せた好内容だったと言える。

 5着カツジは、好位で運べたものの、3~4コーナーでは外へ張り気味で、直線でも手応えほど伸びなかった。プラス14キロの馬体は成長分を差し引いても重目残りだったか。

 ダノンマジェスティは、向正面で掛かった上に、初戦と同じく4コーナーから直線で外へ逃げ気味に。中間は調教法や馬具を換えるなどの工夫をしたようだが、それ以前の問題だったか。この難しい気性の成長なくしては、出世も望めないだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル