テトラドラクマ、フィニフティが初登場 久々のオークス想定オッズ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
クイーンカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイペースも計算通り 好時計V テトラドラクマ

2/12(月) 東京11R クイーンC(GIII) 芝1600m
テトラドラクマ 牝 馬体重:462kg(-6)
騎手:田辺 厩舎:(美) 小西
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己
父:ルーラーシップ
母:リビングプルーフ(ファルブラヴ)
初勝利時の評価:★★★★★★ 6点〔OPクラス〕

好スタートを決めて体ひとつ前へ出たが、外から来た3着馬アルーシャに一旦は前を譲る形。コーナーの内外の差で再び先頭を奪うと、直線に向いても手応えは絶好。満を持して追い出され、そのまま押し切った。1分33秒7という勝ち時計は、前日の古馬1000万や、馬場差はあるが前週の東京新聞杯より速いタイムとなる。2着のフィニフティは、共同通信杯2着のサトノソルタスと同じ1戦1勝馬。馬群の中で厳しい競馬を経験し、なおかつ好走したという点はポイントが高く、これからの伸びシロも相当だろう。

テトラドラクマ

テトラドラクマがハイペースを押し切って優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

長所

特筆すべきは馬体の良さ。バランス・筋肉量ともに文句の付けようがなく、柔軟性も十分にあって現時点での完成度が非常に高い。祖母の半姉がシーキングザパール(NHKマイルC)という血統背景も魅力十分だ。クイーンCでは1000m通過57秒8という速い流れを押し切っているように、持久力・心肺能力は世代でも上位。マイル適性の高さは勿論、言うまでもない。

短所

先行力・持続力に秀でたタイプだけに、瞬発力勝負では遅れを取るシーンも考えられる。先行力を生かすには枠順も重要で、6着に敗れたフェアリーSは大外枠だったことも影響したと言える。オークスよりは桜花賞向きだが、枠順に左右される面が大きいかもしれない。

オークス 想定単勝オッズランキング

(↑)1番人気 アーモンドアイ 4.8倍
(↓)2番人気 ラッキーライラック 5.7倍
(↓)3番人気 リリーノーブル 7.3倍
(→)4番人気 プリモシーン 7.6倍
(NEW)5番人気 テトラドラクマ 9.4倍
(NEW)6番人気 フィニフティ 12.1倍


(↓)9番人気 マウレア 20.0倍
(↓)10番人気 オハナ 21.1倍
(NEW)11番人気 アルーシャ 25.8倍


(↓)17番人気 ツヅミモン 66.7倍

テトラドラクマは5番人気でランクイン。小西師によると、この後はマイルを中心に使うということだが、オークスに出走してきても面白い存在だ。2着のフィニフティも好印象で6番人気にランクイン。逆にマウレアは評価ダウンとなり、阪神ジュベナイルフィリーズ上位馬も合わせて支持率が下がる結果になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル