千四になっても必要な「マイル実績」 京都牝馬Sはこの3頭でOK

重賞データ攻略
京都牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日程変更、距離変更が行われて今年で3年目を迎える京都牝馬S。ヴィクトリアマイルへ、それとも高松宮記念へ。各陣営の思惑がぶつかり合う一戦、データが導き出したのは…?

条件変更の影響は如何に?

 以前は京都の芝1600m戦で行われていたが、2016年から1400mになり、開催時期も変更された。昨年の勝ち馬レッツゴードンキが次走の高松宮記念で2着に入ったように、高松宮記念へのステップレースという位置付けも得たが、ここはひとまず基本的な傾向を確認しておきたい。

東西別成績(過去10年)
関東馬〔2.4.3.38〕連対率12.8%
関西馬〔8.6.7.90〕連対率12.6%

 馬券に絡んだ馬の数や勝率は関西馬の方が上だが、連対率や複勝率はほぼ互角。特にここ3年は関東馬が馬券に絡んでおり、2015年に至っては上位3頭を独占した。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔7.2.1.43〕
5歳〔2.6.3.35〕
6歳〔1.2.5.37〕
7歳〔0.0.1.10〕

 牝馬限定の重賞らしく、4~5歳馬優勢のデータ。ただし、勝ち馬に関しては4歳馬、2着馬に関しては5歳馬、という具合になっている。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔4.3.1.2〕
2番人気〔3.1.1.5〕
3~5番人気〔1.0.4.25〕
6~9番人気〔2.5.3.30〕
10番人気以下〔0.1.1.66〕

 1番人気の信頼度は高め。1400mに替わったここ2年は連勝中である。2012~2014年は3年続けて1~2番人気馬のワンツー決着だったが、基本的に中穴台頭の余地は大きい。

過去2年を振り返る

 条件変更以前でも、前走が1000万だった馬が2勝しているように、それほど実績の有無と好凡走の関係はないのかもしれない。前走・1600万組も過去10年で〔0.4.4.16〕、ここ2年でも3頭が馬券に絡んでいる。そこで条件変更後の過去2年を振り返ってみよう。

2016年
1着 クイーンズリング 前走・エリザベス女王杯(GI・芝2200m)8着(0.3秒差)
2着 マジックタイム 前走・節分S(1600万・芝1600m)1着
3着 ウインプリメーラ 前走・京都金杯(GIII・芝1600m)1着

2017年
1着 レッツゴードンキ 前走・ターコイズS(重賞・芝1600m)2着
2着 ワンスインナムーン 前走・サンライズS(1600万・芝1200m)1着
3着 スナッチマインド 前走・六甲アイランドS(1600万・芝1400m)1着

 前走・1600万組は過去2年で〔0.2.1.3〕。馬券を外した3頭にしても4着・5着・18着だから、好走率は高い。馬券に絡んだ3頭は全て前走1着馬である。

 一方、前走・1600万組以外で馬券に絡んだ3頭に目を向けてみると、2頭は前走のマイル重賞で2着以内という共通点。もう1頭は前走8着と敗れているが、GI・エリザベス女王杯で勝ち馬からは0.3秒差だった。

 なお、この6頭には「芝1600mで1着経験」があるという共通点がある。こちらも考慮しておきたい。

 以上のポイントをまとめると、前走で1600万を勝って臨むエンジェルフェイスデアレガーロ。そして前走のターコイズSで1着のミスパンテール。この3頭が狙い目だ。

ミスパンテール

重賞連勝を狙うミスパンテール(撮影:日刊ゲンダイ)

結論

エンジェルフェイス
デアレガーロ
ミスパンテール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル