引退の師に贈る最高のプレゼント 「奇跡」の騎乗でダイアナヘイロー

佐藤直文 レース回顧
阪急杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストは千二もマイペースで凌ぐ ダイアナへイロー

 先週は勇退を含めて10人の調教師がラストウィークを迎えたが、最後に勝利をプレゼントしたケースも相次いだ。中でも、阪神では土曜メインの仁川Sを目野師が管理するナムラアラシが勝ち、そして日曜の阪急杯では福島信師が引退の花道を重賞勝ちで飾ることとなった。思えば、騎手の引退時期とも重なるこのレースでは、2006年にラストウィークの松永幹夫騎手(現調教師)も伏兵ブルーショットガンで重賞勝ちを果たしており、大接戦のゴール前で見えない力が働くのかもしれない。

 ダイアナへイローは、抜群のスタートを決めて掛かり気味になったところで、スッと行かせた鞍上の好判断が最大の勝因だろう。ベストはあくまで1200mの馬だが、この距離としてはさほど速くはない流れとなったこともあり、後続の追撃を凌いだ形だ。ただ、前述した“見えない力”がけっして働いたわけではなく、当初は先週の京都牝馬Sに向かう予定を師の判断でここに切り替えたとのことで、まさに名伯楽の的確な判断が勝利を引き寄せたと言える。

ダイアナヘイロー

ダイアナヘイロー(黄帽)の武豊騎手は「奇跡や、奇跡」とコメント(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着モズアスコットは、外枠もあってか意識的に脚を溜める形の競馬が、結果的に裏目に出た感を受けたが、それでも負けて強しを思わせる直線の伸びだった。これで4戦連続で1400m戦を使われたが、ベストはマイルのはず。安田記念でも注目できる一頭だ。

 3着レッドファルクスは、上がり3ハロンは2着馬を上回る最速の数字だったが、あまりにも位置取りが後ろ過ぎたか。ただ、58キロを背負って、7歳を迎えても全く力に衰えがないことを示している。

 4着ニシノラッシュは、開幕週のイン有利の馬場で絶好の枠順を生かし切ったもので、過大評価はできないものの、地力を付けていることは確かだ。

 5着ペイシャフェリシタにも同様のことが言えるが、直線でしっかりと脚を伸ばし、重賞でもメドが立つ走りができたように思う。

 カラクレナイは、着順ほど大きく離されたわけではないとはいえ、らしい伸びを全く見せておらず、何か体調面に問題があったとしか考えられない。いずれにしろ立て直しが必要となるだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル