「マッテタゼ」重賞制覇 キングハートがゴール前大接戦を制す

佐藤直文 レース回顧
オーシャンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高松宮記念もチャンスあり キングハート

 前半3ハロンが33秒5という適度なペースだったが、差しの利きづらい馬場状態でもあり、ある程度、前の位置で運んだ馬に有利な流れだったと言える。

 キングハートは、先団を見る形の好位で流れに乗り、直線でも渋太く脚を伸ばして待望の重賞初制覇を遂げたもの。これまでは、戦法が定まっていないというか自分の型を持っていない印象もあった馬だが、今日の競馬がおそらく理想の形なのだろう。この中間の調教はかなり中身が濃くなっていて、それでいてのプラス6キロの馬体重も充実の証。高松宮記念もけっしてノーチャンスではない。

キングハート

オレハマッテルゼ産駒のキングハート(青帽)が重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ナックビーナスは、出負けしたこともあって、いつもよりは後ろのポジションになってしまったが、馬群の外目をスムーズに追い上げて、勝ち馬にアタマ差まで迫る惜しい内容。どんな競馬になっても、中山コースはとにかく走る馬だ。

 3着ダイメイフジは、人気が割れていたとはいえちょっと意外な単勝1番人気だったが、本来の行きっぷりがなく後方から運%Eに有利な流れだったと言える。

 キングハートは、先団を見る形の好位で流れに乗り、直線でも渋太く脚を伸ばして待望の重賞初制覇を遂げたもの。これまでは、戦法が定まっていないというか自分の型を持っていない印象もあった馬だが、今日の競馬がおそらく理想の形なのだろう。この中間の調教はかなり中身が濃くなっていて、それでいてのプラス6キロの馬体重も充実の証。高松宮記念もけっしてノーチャンスではない。

キングハート

オレハマッテルゼ産駒のキングハート(青帽)が重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ナックビーナスは、出負けした%Eしたと言ぎ3、いつもよりは後ろのポジションになってしまったが、馬群の外目をスムーズに追い上げて、勝ち馬にアタマ差まで迫る惜しい内容。どんな競馬になっても、中山コースはとにかく走る馬だ。

 3着ダイメイフジは、人気が割れていたとはいえちょっと意外な単勝1番人気だったが、本来の行きっぷりがなく後方から運%E]=

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル