アストラエンブレム、圧巻の勝利に高評価 ダイワメジャー産駒は2歳戦線で絶好調

【優馬2歳馬チェック】
初戦はロスの多い競馬ながら「負けて強し」だったアストラエンブレム。GI馬の母も兄2頭も小島茂厩舎というゆかりの血統馬が順当に勝ち上がり、いざ次のステップへ!

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重賞勝ちの兄に続け! 末脚非凡なアストラエンブレム

8/2(日) 新潟1R 2歳未勝利 芝1600m外
アストラエンブレム 牡 馬体重:462kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:田辺 厩舎:(美) 小島茂
生産: ノーザンファーム
父ダイワメジャー
母ブラックエンブレム(ウォーエンブレム)

前半は無理することなく中団馬群の最後方を追走。3~4コーナーで徐々に外へ進路を取り、直線を向いたときには、後はGOサインを出すだけといった磐石のレース運びだった。残り2F地点で先頭に立つと後続に4馬身差の圧勝、上がり3Fは32秒6という優秀なもの。新馬と未勝利を続けて2着していた2着馬を物差しに考えても、高く評価できる。

アストラエンブレム

圧巻の末脚で初勝利をあげたアストラエンブレム(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

ネオユニヴァースを父に持つ兄ブライトエンブレムから、父がダイワメジャーに変わったが、現時点ではこちらの方がすっきりした馬体。前後がやや詰まっているが、脚長で距離は2000m位までならこなせそう。マイル~中距離の瞬発型で、まだまだ成長の余地を残しているだけに、今後が楽しみな素材だ。

血統診断

母ブラックエンブレムは秋華賞馬。母系は祖母がダートの短距離馬だったり、一族にニシノナースコール(エンプレス杯)がいたりと、ややダート色は濃い。兄2頭はともに新馬勝ちと仕上がりの早い血統で、兄ブライトエンブレムは札幌2歳S勝ちのほかに弥生賞2着、皐月賞4着。父の産駒はマイラー色が強く、本馬もその辺りがベストだろう。

馬券の狙い目→直線の長いマイル戦が狙い目。大目標は朝日杯FS、NHKマイルC。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル