余力を残してゴーフォザサミット あるぞ蛯名J悲願のダービー制覇

佐藤直文 レース回顧
青葉賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジンクスを破るべく いざ本番へゴーフォザサミット

 紙面のコラムでも言及したように、近年はアザレア賞と大寒桜賞の勝ち馬を中心に予想を組み立てておけば何とかなったレースだ。しかし、今年は両特別ともスローの上がり勝負で時計的な評価も微妙。1000m通過が60秒8という適度な流れで、その勝ち馬が人気以上の走りをできなかったのも仕方はなかったか。

 ゴーフォザサミットは、ここ2戦とは違って中団前目のインで上手く流れに乗り、直線を向いて馬群がバラけてから外へ持ち出されて、一気に抜け出したもの。共同通信杯こそ脚を余したが、やはり東京コースでこその馬であり、最後には余力を残していた点でも、この先が楽しみになったと言える。本番のダービーでは青葉賞馬が勝てない、というジンクスも、短期間で2度の長距離輸送をこなさなければならない関西馬ならともかく、関東馬にはけっして不可能な話ではない。まして、皐月賞の結果からも混沌としている今年のダービー戦線で、蛯名騎手にとっても悲願のダービー制覇がかかるのなら、可能性アリと見ていいだろう。

ゴーフォザサミット

6番人気のゴーフォザサミット(黄帽)が力強く抜け出して快勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着エタリオウは、好位で上手に立ち回り、ゴール前でも3着馬の追撃を凌いでのダービー出走権確保。その自在性は大きな武器と言えるが、本番ではよほど時計のかかる決着にならないと厳しいかもしれない。

 3着スーパーフェザーは、道中の位置取り自体は悪くなかったが、4コーナーでは大外を回るなど、ロスの大きい競馬だった。ここ2戦同様に、今回も上がりは最速で力は示したが、もう少し前で流れに乗る競馬を覚える必要があるだろう。

 4着モンテグロッソは、前々で運んで渋太く粘り込んだ形。まだ未勝利を勝ったばかりで、東京コースも距離も初めてだったが、意外性のあるモンテロッソ産駒らしい走りであった。

 5着トラストケンシンも、同じく先行して4着馬と併せる形で最後まで渋太く伸びていた。一戦ごとに成長を見せている点でも、2勝目はそう遠くないはずだ。

 サトノソルタスは、途中から一気に動く競馬で、それなりに鞍上も勝負をかけたのだろうが、あそこまで強引な形では最後までもたなくて当然だった。ダノンマジェスティは、位置取りの悪さもあったとはいえ、いいところがなかった。少し掛かっていたあたり、距離も少々長いと思える。オブセッションは、走り自体に迫力が感じられず、気性的な問題だけではない印象。良くなるのは秋以降かもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル