メンバー揃った京都新聞杯は、近5年のトレンドを重視

重賞データ攻略
京都新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西発のダービー最終便、京都新聞杯。優先出走権の付与はないが、ここで賞金加算が叶えば大舞台への道筋も開ける。ウオッカの息子タニノフランケルを筆頭に、良血馬・素質馬が揃った一戦をデータ班はどうジャッジする?

上位人気は堅実駆け

 2013年の勝ち馬キズナがダービーを制覇、2015年の勝ち馬サトノラーゼンはダービー2着。このレースの勝ちっぷり如何では、本番でも侮れない存在になりそう。まずは人気別成績から見ていきたい。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔3.2.2.3〕
2番人気〔3.3.0.4〕
3番人気〔3.1.0.6〕
4~5番人気〔1.0.3.16〕
6~10番人気〔0.4.4.42〕
11番人気以下〔0.0.1.52〕

 勝ち馬の10頭中9頭までが3番人気以内。連対馬も10頭中6頭がここから出ている。上位人気馬がある程度堅実に走る傾向があり、馬連平均配当も2254円と比較的穏当。ただし、相手候補に関しては穴傾向もあるだけに、3連系の馬券を買う場合は少し気をつけたい。

ある程度のキャリアは必要

 クラシック戦線ではキャリアが多すぎる(≠敗戦が多い)と好走率が下がる傾向にあるが、当レースではそのキャリアもある程度は必要な様子。

キャリア戦数別成績(過去10年)
1~2戦〔0.1.0.12〕
3戦〔0.1.1.19〕
4戦〔0.0.3.19〕
5戦〔7.2.3.20〕
6戦〔1.4.2.20〕
7~8戦〔2.2.1.18〕
9~10戦〔0.0.0.7〕

 連対馬として考えるなら、キャリアは5~8戦くらいが望ましい。キャリア2~3戦で馬券に絡んだ馬は500万で2~3着があり、キャリア4戦だと500万1着があった。この点で言えばグローリーヴェイズフランツアルムフォルツァメイショウテッコンは相手候補として考えられそう。

近年のトレンドは…

 前走のレース別成績は以下の通り。

前走レース別成績(過去10年)
皐月賞〔2.1.1.7〕
毎日杯〔2.0.1.5〕
若葉S〔0.2.0.2〕
500万〔6.6.4.57〕
未勝利〔0.0.1.34〕

 未勝利勝ち直後は明らかに割引き。以前は皐月賞敗退からダービー出走を目指した馬の好走例も見られたが、近年は少し傾向も変わってきた。近5年では前走・毎日杯組が〔2.0.1.3〕、前走・500万組が〔3.4.2.28〕と、この2路線が主流。

毎日杯組の京都新聞杯好走馬(過去5年)
2013年 1番人気1着 キズナ 前走・毎日杯 1番人気1着
2015年 6番人気3着 アルバートドック 前走・毎日杯6番人気4着
2016年 1番人気1着 スマートオーディン 前走・毎日杯1番人気1着

 毎日杯を勝って京都新聞杯に臨んだ2頭はともに1着。2015年の3着馬は2走前に500万を1番人気で勝利しており、今回のメンバーではシャルドネゴールドと同様のパターンと言える。

 一方、前走・500万組は前走で芝2000m以上のレースを走り、3番人気以内で勝利していれば〔3.2.0.2〕と信頼度は高い。これをクリアしたのはアルムフォルツァタニノフランケルロードアクシスの3頭。また、前走で2着馬に0.3秒差以上の着差をつけて勝利していれば〔2.1.0.1〕となり、こちらはタニノフランケルフランツが該当。

タニノフランケル

キャリア7戦もこのレースでは有利なタニノフランケル(手前)(撮影:日刊ゲンダイ)

 ◎はタニノフランケルとして、相手候補にはシャルドネゴールドアルムフォルツァグローリーヴェイズフランツロードアクシスの5頭で勝負。

結論

◎タニノフランケル
△シャルドネゴールド
△アルムフォルツァ
△グローリーヴェイズ
△フランツ
△ロードアクシス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル