キセキ、ワーザーには不利なデータが存在 宝塚記念はこの5頭で

重賞データ攻略
宝塚記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香港の強豪ワーザーを迎えて行われる上半期の総決算、宝塚記念。ファン投票1位、復活をかけて臨むサトノダイヤモンドやドバイで再び実力を示したヴィブロス。白熱したグランプリレースの予感も…。

基本的な傾向は?

 実績面では菊花賞と有馬記念勝ちのあるサトノダイヤモンド、秋華賞とドバイターフを勝っているヴィブロスが一歩リードだが、データ的には予想しがいのあるメンバー構成と言っていいだろう。過去10年で1番人気〔2.4.2.2〕、2番人気〔2.1.1.6〕となっているが、6・8番人気がともに2勝ずつと波乱の可能性も秘めているレースだ。まずは基本的な傾向を掴んでいきたい。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔3.2.6.38〕
5歳〔5.5.3.29〕
6歳〔2.3.1.20〕
7歳以上〔0.0.0.26〕

 7歳以上の高齢馬が振るわず。今回はアルバートサイモンラムセスステファノススマートレイアーワーザーの5頭が7歳以上。1600万勝ち直後のサイモンラムセスを除けば、いずれも実績豊富な強豪馬だが、割り引きが必要。

 また、特徴的なのが枠番別の成績。過去10年で8枠が6勝、6枠が3勝と勝ち馬は外枠に偏っている。その一方で2着馬は全て5枠より内、3着馬は10頭中7頭が1~3枠となっている。

脚質別成績(過去10年)
逃げ〔1.0.2.7〕
先行〔4.6.3.28〕
差し〔4.1.3.41〕
追込〔1.3.2.38〕

 馬券の中心は先行系の脚質を持っている馬。ただし、当レースで上がり3F最速をマークした馬は〔6.5.0.0〕と全てが連対。その一方、前走で上がり3F最速だった馬が〔0.1.1.16〕である。前述の連対馬11頭のうち9頭がGI勝ち馬、7頭が前走・天皇賞(春)組。春の天皇賞で末脚不発に終わったGI馬の巻き返しというのが1つのポイントになりそうだが、これに当てはまる馬はいない。

 種牡馬別の成績で目を引くのは過去10年で〔5.0.0.8〕のステイゴールド産駒だろう。今回はパフォーマプロミスがメンバー唯一のステイゴールド産駒であり、厩舎も現在リーディング独走中の藤原英厩舎。今年度の連対率46.5%(先週末終了時点)という数字も見逃せない。

パフォーマプロミス

注目のステイゴールド産駒パフォーマプロミス(撮影:日刊ゲンダイ)

前走海外組のポイントは…

 冒頭で名前の挙がったヴィブロスをはじめ、前走が海外レースだった馬もチラホラ。データ的にはジャッジの難しい所だが、しっかりと検討してみたい。

前走レース別成績(過去10年)
天皇賞(春)〔4.3.2.34〕
鳴尾記念〔1.2.1.10〕
目黒記念〔1.0.0.16〕
大阪杯〔1.0.0.1〕※GIのみ
GIII〔1.2.1.15〕
GII〔3.1.2.37〕
GI〔5.5.6.48〕
海外〔0.2.1.9〕

 前走海外組は「前走2着以内」かつ「今回2番人気以内」がポイント。これを両方満たしていれば〔0.2.1.0〕と全馬が馬券圏内。そうなるとやはり前走のドバイターフで2着に好走したヴィブロスは要マーク。

 次に天皇賞(春)組。あのキタサンブラックでさえも昨年は9着に敗れた(一昨年は3着)ように、前走で天皇賞(春)1着だった馬は〔0.0.1.6〕と一息。その一方で前走5着以下のグループが〔3.2.0.17〕となっているが、天皇賞(春)組で馬券に絡んだ9頭中8頭がGI勝ち馬。例外の1頭にもGI・2着の実績があった。スマートレイアーには秋華賞2着の実績があるが、8歳牝馬というのは前述の通り流石に狙いづらい。

 そこで狙ってみたいのが鳴尾記念をレコード勝ちしたストロングタイタン。2012年から宝塚記念の前哨戦となった鳴尾記念だが、同レースの最先着馬が〔1.2.0.2〕。さらに当レースで〔3.1.1.13〕と好走例の多い池江寿厩舎というのもプラス材料。

実績面でアノ2頭が浮上!

 振り返ってみると、流石にグランプリレースとあって要求される実績面の条件もそれなりに厳しいものになっているようだ。具体的には以下の通り。

宝塚記念連対馬のポイント(過去10年)

  • GII以上で1着(20頭中20頭)
  • GI5着以内もしくは0.5秒差以内(20頭中18頭)
  • 阪神芝で1着(20頭中15頭)
  • 芝2200m以上で連対(20頭中19頭)
  • 同年に3着以内(20頭中18頭)

 以上の5点を全てクリアしたのはサトノダイヤモンドダンビュライトのみ。人気所で言うと、キセキは今年に入って日経賞(9着)の1走のみと順調さに欠ける。ここで名前の挙がった2頭と、前述のパフォーマプロミスヴィブロスストロングタイタンで勝負。

結論

パフォーマプロミス
ヴィブロス
ストロングタイタン
サトノダイヤモンド
ダンビュライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル