福島ではこう乗れば勝てる お手本どおりにメイショウテッコン

佐藤直文 レース回顧
ラジオNIKKEI賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2着馬の強襲凌いで重賞初V メイショウテッコン

 土曜メインの準オープン特別において、1200mでレコードにコンマ1秒差の好時計が出たように、例年以上の高速馬場での開幕となった福島だが、それを差し引いても前半58秒7は速いペース。ただ、この流れでもけっして前が止まらない馬場であり、特に小回りの福島では先行力や勝負どころでの機敏な反応が不可欠な要素になるということは、勝ち馬のレース振りを見れば一目瞭然だったであろう。

 そのメイショウテッコン。今日はハナに行かずに好位3番手に控え、3コーナーを過ぎてからジワッと仕掛けられて直線を向いたところでは先行2頭の外へ。そこからしっかり抜け出すと、最後は2着馬の強襲を凌ぎ切った。序盤こそコーナーで行きたがる面を見せたが、抑えて折り合う競馬ができたことは気性面での大きな成長を示すものであり、56キロのハンデを背負ってこれだけ速い時計の決着に対応できたという点でも、秋が楽しみになる競馬ぶりだった。

メイショウテッコン

フィエールマン(6番)の猛追を凌いだメイショウテッコン(黒帽)が優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着フィエールマンは、課題のスタートで安目を売ったこともあり、道中は後方からジックリ運ぶ形。ペースも速かっただけに前走のような早目の進出もままならず、直線だけの競馬になったが、それでも凄い伸び脚で能力の高さは存分に示した。デビューから順調に使えなかった馬だが、キッチリと馬は作ってきたと言えるし、けっして小回り向きではないにもかかわらず、これだけ走って見せたのなら、これまた秋は楽しみである。

 3着キボウノダイチは、先行有利の馬場とはいえ、自ら厳しいラップを刻んでの逃げで粘り込んだのは立派の一言。コースも合っていると言えるが、ハナへ行く自分の型で競馬ができれば、古馬相手の自己条件でも目が離せない。

 4着マイハートビートは、序盤でゴチャ付いて後方からの競馬となったが、勝負どころから内を回って進出して直線でも脚を伸ばしたもの。小回り向きの器用さを見せた形だ。

 5着エイムアンドエンドは、好位のインをロスのない立ち回りができたが、休み明けの分もあったとはいえ、今日のところは決め手の差が出たと言える。

 イェッツトは、追走に余裕が見られず、勝負どころでも全く反応しなかった。能力や状態云々の問題ではなく、小回りコースが向かないのだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル