中京記念は今年も波乱か データ班は軸2頭で勝負!

重賞データ攻略
中京記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サマーマイルシリーズの初戦、中京記念。昨年の覇者「夏男」ウインガニオンが連覇で好発進を決めるか、それともハンデ戦らしく伏兵の台頭があるのか、注目の一戦をデータで徹底分析!

今年も波乱の結末に!?

 昨年は5番人気馬が制したものの、2~3着に1~2番人気が入り、3連複は3590円の決着。3連複が万馬券にならなかったのは過去10年まで見ても初のことである。再び波乱となるのか、先入観を持たずに考えていきたい。まずは中京コース改修後の6年間を振り返っていく。

人気別成績(過去6年)
1番人気〔0.0.1.5〕
2番人気〔0.1.0.5〕
3番人気〔0.0.2.4〕
4番人気〔0.0.1.5〕
5番人気〔3.0.1.2〕
6~10番人気〔3.2.1.24〕
11番人気以下〔0.3.0.33〕

 上記を見ての通り、基本的な傾向から言えば上位人気馬は買うとしても3着候補だろう。連軸にはある程度思い切った狙いをしていきたいところ。

ハンデは重くてもOK

 次にハンデについて考えたい。まず牝馬だが、52キロと54キロから1頭ずつが連対。対する牡馬・セン馬はというと、以下の通り。

斤量別成績(牡馬・セン馬、過去6年)
54キロ以下〔0.0.0.13〕
55キロ〔1.0.1.13〕
56キロ〔0.3.2.22〕
57キロ〔4.1.2.9〕
57.5キロ〔0.0.0.5〕
58キロ以上〔1.0.1.4〕

 57キロを背負った馬の好走が目立つ。その一方で0.5キロ増えた57.5キロが不振。5頭が2・1・4・2・9番人気で出走しての成績だから、この0.5キロは大きい。今年はウインガニオンスマートオーディンブラックムーンの3頭が57.5キロだが、慎重に考えたい。

狙いは5~6歳馬

 年齢別成績は以下の通り。

年齢別成績(過去6年)
3歳〔0.0.0.3〕
4歳〔0.0.2.5〕
5歳〔4.4.1.34〕
6歳〔2.1.3.20〕
7歳以上〔0.1.0.16〕

 連対馬12頭中11頭までが5~6歳馬。3歳馬や高齢馬は少し狙いにくい傾向も。

実績面からの狙いは…

 過去6年の1~3着馬18頭について、実績面のポイントは以下の通り。

中京記念1~3着馬のポイント(過去6年)

  • OP以上で連対(18頭中16頭)
  • 重賞3着以内(18頭中14頭)
  • 芝1600mで1着(18頭中15頭)
  • 芝左回りで連対(18頭中15頭)

 以上のポイントと、連対馬12頭中11頭が5~6歳、牡馬・セン馬の連対馬10頭中8頭が56キロ~57キロという点から、グレーターロンドンロジクライの2頭が浮上。まずはここを押さえたい。

ロジクライ

久々の重賞制覇を目指すロジクライ(撮影:日刊ゲンダイ)

中京巧者を狙う

 次に中京芝1600mの騎手・厩舎・種牡馬別成績を見てみよう。

中京芝1600mの各成績(2012年のコース改修以降)

【騎手別成績】
福永〔18.15.11.35〕→フロンティア
M.デムーロ〔12.8.11.28〕→ワントゥワン
北村友〔11.6.11.47〕→ロワアブソリュー

【厩舎別成績】
藤原英〔15.8.2.19〕→ガリバルディ
音無〔7.3.8.27〕→アメリカズカップ
矢作〔7.3.2.41〕→リライアブルエース

【種牡馬別成績】
ディープインパクト〔33.28.27.145〕→ガリバルディグレーターロンドンリライアブルエースワントゥワン
キングカメハメハ〔13.11.7.80〕
ダイワメジャー〔12.17.19.82〕→フロンティア

 この3項目で馬名が複数回挙がったのはガリバルディフロンティアリライアブルエースワントゥワン。この4頭全てに中京コースでの勝利経験があり、コース適性は証明済み。相手候補はこの4頭で。

結論


グレーターロンドン
ロジクライ

相手候補
ガリバルディ
フロンティア
リライアブルエース
ワントゥワン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル