全てクリアは1頭のみ クイーンSの6つの連対条件とは…

重賞データ攻略
クイーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 遠くドバイの地で実力を示した秋華賞馬ディアドラ、北の大地で復活を目指すオークス馬ソウルスターリングが激突。3歳馬や伏兵の存在も侮れず、札幌の開幕週を飾るのは果たして…!?

上位人気は堅実だが…

 ドバイ遠征で強敵相手に食い下がったディアドラとオークス馬ソウルスターリングの同世代対決に注目が集まる一戦。昨年はアエロリットとアドマイヤリードという春のマイルGI馬対決があったが、今年も見所十分のレースになりそうだ。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔3.4.1.2〕
2番人気〔4.0.0.6〕
3番人気〔0.1.2.7〕
4番人気〔0.0.2.8〕
5番人気〔0.0.0.10〕
6~10番人気〔2.5.3.38〕
11番人気以下〔1.0.2.26〕

 1番人気が7連対、2番人気も4勝と、上位人気の堅実さが光る。ただし、3~5番人気が低調で、6番人気以降の中穴馬の激走も珍しくない。実際に過去10年で毎年1頭は6番人気以降の馬が馬券に絡んでおり、その辺りを上手く拾えるかが馬券の鍵になる。

年長馬の好走も目立つが…

 年齢別の成績は以下の通り。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔4.1.1.16〕
4歳〔1.3.3.28〕
5歳〔2.6.6.36〕
6歳〔3.0.0.15〕

 馬券に絡んだ馬の半数近くが5歳馬。6歳馬も3勝と上々の成績だが、率の面では3歳馬が一歩リード。ただし、3歳馬は52キロを背負った1~2番人気馬が〔4.0.0.0〕という成績で、2~3着の2頭はオークス1番人気馬とオークス5番人気3着の桜花賞馬。ツヅミモンリバティハイツはやや狙いにくい存在かも。

前走敗退→巻き返しのパターン多し

 好走馬の前走を振り返ると、ヴィクトリアマイル最下位から巻き返したシャルール(2016年2着)のように、前走の着順はそれほど気にしなくても良さそう。

前走レース別成績(過去10年)
ヴィクトリアマイル〔3.4.2.10〕
オークス〔2.1.1.11〕
マーメイドS〔1.2.2.21〕
1600万〔2.2.3.17〕
OP特別〔0.1.1.11〕
GII・GIII〔2.2.3.32〕
GI〔6.5.3.24〕

 前走・1600万組の好走も珍しくはなかったが、2014年以降は馬券圏内がゼロ。前走・GI組を中心にするのがベターだろう。また、当レースは収得賞金によって斤量が増減する別定戦だが、56キロ以上の馬は〔0.0.0.5〕。56キロのソウルスターリングにとってはこの1キロが重くのしかかってくる可能性も否定できない。

夏の女王への6つのステップ

 近2年こそ前走1着馬が連勝で当レースを制してはいるが、全体的に前走の着順は不問の傾向が強い。そこでポイントとなるのは実績面だろう。

クイーンS連対馬のポイント(過去10年)

  • GI5着以内、0.5秒差以内(20頭中16頭)
  • 重賞2着以内(20頭中17頭)
  • 牡馬混合の1600万以上で3着以内(20頭中15頭)
  • 函館・札幌の芝で1着(20頭中12頭)
  • コーナー4つの右回り芝1800m~2000mで2着以内(20頭中15頭)
  • 近5走以内に2着以内(20頭中16頭)

 以上の6項目が馬券のポイント。函館・札幌の洋芝実績だが、連対馬20頭のうち出走歴があったのは14頭。出走経験があったのに実績がない馬はやや割り引きたい。

 これらの項目を全てクリアしたのがディアドラ。昨夏の札幌で1000万を勝つと紫苑S→秋華賞も連勝。前走のドバイターフでもヴィブロスとクビ差、リアルスティールと同着の3着に好走するほどの実力馬が他馬と同じ55キロなら人気でも外せない存在だ。

ディアドラ

人気が予想されるディアドラだが、ここでは外せない(撮影:日刊ゲンダイ)

 相手候補には、洋芝は初だが減点ゼロのフロンテアクイーン。減点1だが洋芝実績のあるソウルスターリング、その他の減点1組からは昨年の当レース2着馬トーセンビクトリーも候補に挙がってくる。

結論

◎ディアドラ
△フロンテアクイーン
△ソウルスターリング
△トーセンビクトリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル