ディアドラ圧巻の完勝劇 秋は牡馬相手のGIでも期待

佐藤直文 レース回顧
クイーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後方大外から一瞬にしてのタイムワープ ディアドラ

 スローペースも予想された中で、ティーエスクライが果敢に飛ばして1000m通過59秒1というまずまずの流れに。そうなったことで、道中の位置取りにかかわらず、各馬が力を出し切れた一戦だったように思う。

 ディアドラは、遠征帰りながら秋華賞勝ち時と同じ490キロと、キッチリ仕上げられていたが、後方でジックリと運びながらも、ルメール騎手は脚の使いどころを完全に手の内に入れていた様子で、4角手前から仕掛けられて一気に抜け出した形。このコースで2着に3馬身差は、相当な力の違いなくしてはできない芸当であり、秋は牝馬の頂点どころか、牡馬相手のGIでも期待が持てそうだ。

 2着フロンテアクイーンは、ペースが流れたこともあってか、近走よりも控える形だったが、堅実に脚を使っての2着確保だった。これで3戦連続5回目の重賞2着だが、今日はGI馬2頭に割って入ったものであり、通常の牝馬GIIIなら次こそは、であろう。

 3着ソウルスターリングは、前を追いかける形で早目に動いて4角先頭。その時点では手応えも十分に残っていたが、勝ち馬には一気に交わされたばかりか、2着も守れなかった。ただ、この馬本来の行きっぷりは戻っており、復活への足掛かりとなりそうなレースぶりだった。

 4着トーセンビクトリーは、今日のメンバーならもう少し積極的に前へ行くかとも思えたが、急遽の乗り替わりもあってか控える競馬。直線では洋芝巧者らしい脚を見せたが、2着だった昨年よりも相手が強かったと言える。

 5着アンドリエッテは、後方から勝ち馬と一緒に進出したが、直線で進路を失う不利。スムーズに捌けていれば2着争いに加わった可能性もあったか。

 リバティハイツは、好位で3着馬を前に見ながら手応え良く運べていたように見えたが、直線を向いてからは全く脚を使うシーンがなかった。距離も幾分長かったのだろうが、見た目の好仕上りに中身が伴っていなかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル