波乱の目はあるか? サマーマイル第2戦関屋記念をデータ攻略

重賞データ攻略
関屋記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サマーマイルシリーズの第2戦、関屋記念。シリーズ初戦の上位2頭が不在だけに、ここでポイントを稼ぎたい有力馬たちが虎視眈々と上位を狙う。長い直線の果てに勝利を掴むのはどの馬か?

波乱は望み薄?

 昨年は7番人気マルターズアポジーの逃げ切りによってやや波乱の結末となったが、過去を振り返ると、それほど荒れるレースではない。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔2.3.1.4〕
2番人気〔2.2.0.6〕
3番人気〔1.0.2.7〕
4番人気〔3.1.0.6〕
5番人気〔0.2.1.7〕
6~7番人気〔2.2.1.15〕
8番人気以下〔0.0.5.83〕

 過去10年の連対馬20頭中16頭までが5番人気以内の馬。近3年こそ6~7番人気馬が連対しているが、連軸にはある程度の上位人気馬を据えたい。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔0.0.2.6〕
4歳〔3.4.1.12〕
5歳〔5.5.4.48〕
6歳〔1.1.1.37〕
7歳以上〔1.0.2.25〕

 年齢別で見ると、4歳馬が連対率35.0%と優秀。連対馬20頭中17頭が4~5歳馬ということもあり、中心はこの年代。

前走からの斤量増減に注意

 関屋記念は別定戦だが、斤量面にも注意したい。

斤量別成績(過去10年)
53キロ以下〔0.0.2.6〕
54キロ〔1.1.1.15〕
55キロ〔0.0.0.2〕
56キロ〔5.7.7.88〕
57キロ〔4.1.0.14〕
58キロ〔0.1.0.3〕

斤量増減別成績(過去10年)
今回増〔0.0.0.40〕
増減なし〔1.9.5.49〕
今回減〔9.1.5.39〕

 53キロ以下は3歳馬で、54キロは全て牝馬。大半の馬が56キロだが、実績のある57キロ以上も決して成績は悪くない。そして特徴的なのが、今回が斤量増になる馬が40頭出走して馬券圏内がゼロという点。ウインガニオンヤングマンパワーリライアブルエースロッカフラベイビーワントゥワンと、有力馬の多くが斤量増となるだけに、注意が必要だ。

中京記念組が中心だが…

 前走レース別成績は以下の通り。

前走レース別成績(過去10年)
中京記念〔2.3.2.33〕
安田記念〔2.1.0.6〕
エプソムC〔0.3.0.8〕
1600万〔2.1.0.9〕
OP特別〔1.1.4.34〕
GIII〔5.7.3.61〕
GII〔0.0.0.5〕
GI〔2.1.2.17〕

 2連対以上がある個別レースは上の3つのみ。やはり中京記念組が一歩リードで、サマーマイルシリーズが始まってからの6年間で馬券に絡まなかったのは2013年のみ。

 その中京記念組。前走が6番人気以下だと〔0.0.0.27〕、その逆で前走5番人気以内だと〔2.3.2.7〕という成績。中京記念14着から巻き返したケースもあり、着目すべきは着順よりも人気。ハンデ戦→別定戦ということで、前走の人気が指標になるとも言える。

 中京記念で5番人気以内だったのはウインガニオンワントゥワンリライアブルエースの3頭。前項で述べた斤量増の馬達だが、ある程度の上位人気が予想されるだけに、やはり無視はできないか。

ウインガニオン

中京記念8着からの巻き返しを図るウインガニオン(撮影:日刊ゲンダイ)

別路線組で狙うなら…

 では、別路線組はどうか。1600万勝ちから臨んだ馬は3頭が馬券に絡んでいるが、うち2頭は元々重賞勝ち馬。人気になりそうだが、エイシンティンクルに手を出すのは少し勇気が要る。

 前走・OP組は馬券に絡んだ6頭中4頭が前走5番人気以内かつ4着以内。また、同じく6頭中4頭が前走で4角3番手以内と先行していた馬。この点からパラダイスSで1、2着だったショウナンアンセムロードクエストが浮上。

 中京記念以外の重賞組は前走大敗からの巻き返しも目立つが、分が良いのは前走好走組。その前走で5着以内なら〔0.5.0.7〕となる。そこで白羽の矢を立てたのがプリモシーン。前走のNHKマイルCでは0.2秒差の5着。中京記念4着のフロンティアがNHKマイルCで1.0秒差の13着だから、古馬相手に通用しても不思議はない。

結論

ウインガニオン
ワントゥワン
リライアブルエース
ショウナンアンセム
ロードクエスト
プリモシーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル