秋華賞でも「チャンスある」 ルメール絶賛で期待膨らむノームコア

佐藤直文 レース回顧
紫苑S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もここから秋の華が咲くか? ノームコア

 重賞昇格後の過去2年で2着馬と1着馬がそれぞれ本番の秋華賞を制したように、出走馬のレベルも上がって最重要トライアルとなっている。今年もまた好メンバーが揃った上に、コースレコードにコンマ2秒と迫る1分58秒0の決着だったことを思えば、上位馬には本番のみならず、その先の活躍も十分に期待できるはずだ。

 ノームコアは、前半1000m60秒1のゆったりした流れから、一気にペースが上がった後半の流れにもしっかりと対応し、直線を向いて抜群の反応で突き抜けたもの。自分でレースを作ることもできる上に、春よりもパワーアップした姿を示したことで、当然本番への期待も膨らむが、その本番ではアーモンドアイに騎乗するルメール騎手の“この馬にもチャンスがある”という言葉も、単なるリップサービスではないだろう。

ノームコア

3馬身差で快勝したノームコア(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着マウレアは、もう一押しが利かなかった春の課題を考えた乗られ方で、直線でしっかりと脚を使えた点では成長も示したと言える。ただ、入線後に歩様が乱れ武豊騎手が下馬しており、大事に至らないことを祈りたい。

 3着ランドネは、いい形の逃げを打って後半のペースアップにもしっかりと対応できた。オークスでは直線で失速したが、おそらく距離は1800~2000mがベストの馬であり、少し時計のかかる馬場にでもなれば、本番でもノーマークにはできない。

 4着パイオニアバイオは、ジックリと脚を溜めて差す競馬ができたのは大きな収穫。この馬もまたオークスでは結果を出せなかったが、距離はこのくらいが理想だろう。

 5着ハーレムラインは、好位で運んで4コーナーでも見せ場十分。最後に止まったが、これはプラス26キロの重目残りだった分であり、力自体は示したと言える。

 ロサグラウカは、出負けして後方からとなったのは仕方ないとしても、その後も外を回って全く競馬にならず。時計も速過ぎたのだろうが、もっと距離が延びていいタイプかもしれない。サラスも、速い時計に対応できなかったと言えるが、序盤に力んで能力を出し切れたとは言い難い。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル