トーホウジャッカルVSラキシス データが上位に取ったのは…

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】
昨年はハープスターとゴールドシップのマッチレースに沸いた札幌記念。今年もその格に恥じないレースを期待したい。大波乱も起こりうるハンデGIII北九州記念も徹底検証!

重賞データ攻略
札幌記念北九州記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌記念

 有力馬の回避もあり、当初よりもメンバーの層は薄くなったが、GI馬2頭の他に重賞ウイナー7頭が揃った。流石に昨年のハープスターVSゴールドシップほど、ビッグネームが集まったわけではないが…。レースの構図としては、前走GI組・函館記念組・その他路線組の3パターン。過去5年のうち、函館開催だった一昨年を除く4年間を元に考えてみたい。

  • 前走GI組〔3.3.4.8〕連対率33.3%
    トーホウジャッカルラキシスラストインパクト
  • GI勝ち馬〔1.2.3.3〕連対率33.3%
    トーホウジャッカルラキシス
  • 1~3着馬全馬が重賞2勝以上
    ディサイファ(2勝)、トウケイヘイロー(4勝)、ヒットザターゲット(4勝)、ラキシス(2勝)、ラストインパクト(3勝)
  • 1番人気馬〔2.2.0.0〕

 とにかく前走でGIを走っていた馬の方が最近ではよく馬券に絡んでいるし、GI勝ち馬も成績的には悪くない。馬券圏外だったGI馬といえばシャドウゲイト(海外GI勝ち)、2年ぶりの出走だったロジユニヴァース、ダービー直後のレースだった3歳馬のロゴタイプの3頭と、敗因はそれとなく判別できそうな印象。また、実績的な面では「重賞2勝以上」は外せないだろう。そうなるとトーホウジャッカルは割引き。

 軸として考えるならラキシス。GI勝ち馬で重賞2勝以上の実績があり、前走の宝塚記念は8着とはいえ0.4秒差。2番人気と上位人気に推されていたのも見逃せない。そして相手にも重賞2勝以上の実績馬を選びたいが、印の強弱は札幌芝2000mのデータを参照したい。

札幌芝2000m(2010年以降)

  • 勝利数1位(種牡馬) ディープインパクト〔8.7.7.40〕複勝率35.5%
    ラキシスディサイファラストインパクト
  • 勝利数1位(騎手) 四位騎手〔6.3.6.24〕複勝率38.5%
    ディサイファ

 という訳で○にはディサイファ、▲にラストインパクトを。△にはトウケイヘイローヒットザターゲットの2頭を挙げておく。

結論

ラキシス
ディサイファ
ラストインパクト
トウケイヘイロー
ヒットザターゲット

ラキシス

重賞3勝目を目指すラキシス(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル