注文通りの展開と鞍上の判断力 ロジクライが完全復活で大舞台へ

佐藤直文 レース回顧
富士S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も強い形の競馬で ロジクライ

 テンの3ハロンが34秒6、1000m通過も57秒4という淀みのない流れとなったが、紙面のコラムでも触れたように、ハイラップになっても極端に上がりのかかるレースではなく、今回もレースの上がりは過去10年の良馬場平均と全く同じ34秒3であった。これでは末一手のタイプには厳しい戦いになったと言える。

 ロジクライは、スローの瞬発力勝負よりも、適度な流れで渋太さを発揮する馬だけに、今日は注文通りの展開。2番手から早目早目に勝ちに動き 、この馬の最も強い形の競馬で、しかもテン乗りで御して見せたルメール騎手の判断力は、さすがと言うしかない。本番のマイルCSは、春のマイラーズCで暴走気味に失速した舞台だが、今日と同じ競馬ができれば上位を争う一頭となるはずだ。

ロジクライ

一昨年のシンザン記念以来となる重賞制覇を飾ったロジクライ(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ワントゥワンは、後方から運ぶ形でも、今日の流れでは少し脚を使わされながらの追走。直線でエンジンのかかりが遅かったのも、そのためだったろうが、追って追って最後に2着を確保したあたりは、この馬の底力と鞍上の腕だろう。

 3着レッドアヴァンセは、中団の前目でうまく流れに乗り、久々でも見せ場を十分に作っての好内容。レースが上手で、ヴィクトリアマイルの走りからも、この舞台の適性が高いと言えるだろう。

 4着エアスピネルは、好位から道中でも少し下げるシーンがあったが、久々もあったとはいえ、勝ち馬のポジションで運ぶか、あるいはもっと控えて運ぶか、メリハリを付けた方が良かったのではないかと思えた。ただ、半年ぶりでこれだけ走れば合格点で、次へつながる一戦だ。

 5着ペルシアンナイトは、いつもよりは前で運んだが、直線ではジョッキーが立ち上がるほどの不利があったのに加えて、59キロの斤量も厳しかったと言える。それでも、成長を感じさせる好馬体が目に付き、次は確実に変わってきそうだ。

 ジャンダルムは、GIIIでも古馬一線級が揃った今日の相手が強かったと言えるが、父系の影響が色濃いのかマイルは少し忙しく、ビリーヴの子でも適距離は1800~2000mなのではないかと思える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル