名手デムーロが絶賛「今年乗った牝馬で一番」 サプルマインドに★6つ

【優馬2歳馬チェック】
今夏は新潟のマイル戦から有望な2歳馬がとにかく目白押し。母がイギリスのGI馬という良血、サプルマインドもその一頭だ。そして前日の未勝利を勝ち上がったビービーバーレルもまた、なかなかの好素材。(写真は小倉の新馬戦で波乱を演出したオウケンダイヤ)

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英GI馬を母に持つ良血馬 サプルマインド

8/23(日) 新潟5R 2歳新馬 芝1600m外
サプルマインド 牝 馬体重:424kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:M.デムーロ 厩舎:(栗) 藤原英
生産: 社台ファーム
父ディープインパクト
母シリアスアティテュード(Mtoto)

1000m通過が62秒6、レースの上がりが33秒4で、決して差しが有利とは言い切れないレース展開(3~5着は4角3番手以内の逃げ先行勢)だったが、上がり3Fを32秒5で差し切ったのだから能力は十分。鞍上が今年乗った牝馬で一番、と絶賛するのも納得の勝ちっぷり。

馬体診断

420キロ台と小柄な牝馬だが、それほど仕上がり切った馬体という印象もなく、むしろ上積みも見込める。まだ未勝利だが、2000m前後で走っている兄よりもユッタリした造りで距離はマイルよりも長い方が良さそう。繋の長さや柔軟性もバッチリで、中距離でキレ味を生かす競馬が理想。

血統診断

母シリアスアティテュードは2歳時にチェヴァリーパークS(英GI・芝1200m)、4歳時にカナダへ遠征してニアークティックS(加GI・芝1200m)を勝ったスプリンター。しかし、母の父Mtoto(ムトト)はキングジョージやエクリプスS(2回)などを勝ち、全欧古牡馬チャンピオンにも輝いた晩成型のステイヤー血統。父の瞬発力と母系に潜在するスタミナが程良くマッチした印象。

馬券の狙い目→狙いはオークス戦線。2000m級のトライアルなら好勝負になりそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル