抜群の状態に隙のない騎乗 府中に還ってきた王者レイデオロ

佐藤直文 レース回顧
天皇賞(秋)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スッと反応して文句なしの完勝 レイデオロ

 誰もが思ったいったい何が逃げるのか、というメンバー構成において、スローぺースは大方の予想通りであったが、1000m通過59秒4は、スローでも許容範囲といえるラップ。菊花賞のような上がり2ハロンの競馬ではなく、後半1000m57秒4の激流を走り切る真の底力が問われる一戦となったように思う。

 レイデオロは、馬場に先出しするなどテンションは例によって高めだったが、レース直前には落ち着きを取り戻していて、スタートもスムーズ。ペースの割りにバラけた馬群の中団で流れに乗り、あとは鞍上が動きたいところでスッと反応してギアを上げての文句なしの完勝だった。全く隙のない騎乗で、実に3週連続のGI勝利を成し遂げたルメール騎手も見事だったが、もちろん馬のコンディションも抜群に良かった。ダービーでの勝利やジャパンCの2着もあるとはいえ、気性的には東京の2000mがベストなのではないかとすら思える走りであった。

レイデオロ

GI2勝目をあげたレイデオロ(青帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サングレーザーは、この距離なら無理なくある程度のポジションで運べることは前走でも証明済みだったが、道中は勝ち馬を前に見る理想的な位置取りだった。ただ、勝負どころからギアを上げた勝ち馬に付いて行けなかったことでできた差を最後まで埋められなかった形で、このあたりは力の違いではなく距離経験の差かとも思えた。敗れたとはいえ、最後の最後に2着を確保した走りは立派で、中距離でも一線級の力を示したと言える。

 3着キセキは、押し出された形ではなくハナを取りに行っての逃げ。掛かってしまった日経賞とは違ってスムーズに折り合いが付いていたが、勝ちに行くのならスローではなく、もっと後続を引き離す策もあったのでは、と思えた。ただ、復調は十分に感じさせる走りで、より適性が高いはずの2400mになれば、もうワンランク上の走りも期待できるだろう。

 4着アルアインにも同じことが言えそうで、2番手からスムーズな競馬がえきていたとはいえ、勝つつもりなら早目に逃げ馬を交わしに行かなければならなかったか。後続を待っても瞬発力では見劣るだけに、もうひと工夫欲しかったと思える。

 5着ミッキーロケットは、ロスのない立ち回りで直線でも見せ場はあった。今日のような高速馬場に対応できたことも収穫であり、一度使って距離が延びれば、これまた変わってきそうだ。

 マカヒキは、後方から運ぶ形だったとはいえ、けっして脚を溜めての追走ではなかった印象。マイナス14キロの馬体自体はこれくらいがいいとも思えたが、2000mの高速決着では持ち味を生かし切れない馬だろう。スワーヴリチャードは、スタートが一息だった上に、マカヒキと接触する不利もあって後方から。こういう競馬も鞍上は想定済みだったはずだが、馬に走る気も失せてしまった様子で、直線でも最後は追うのをやめていたほど。今日の結果は度外視できるとはいえ、馬が負った精神面のダメージが少し心配だ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル