ハイペースも何のその 勝つべくして勝ったスティッフェリオ

佐藤直文 レース回顧
福島記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

力は本物 重賞初制覇スティッフェリオ

 上位人気馬3頭が、それぞれに持ち味を発揮して上位を独占した形。マルターズアポジーが前半1000mを57秒6で飛ばした流れも、実力通りの結果を生んだように思える。

 スティッフェリオは、前が飛ばず流れを何の苦労もなく離れた3番手で折り合い、そのまま楽な手応えで直線を向いてあとは前を捉えるだけという完勝だった。ハイレベルのメンバーで、かつ先行好位勢に厳しい流れだった2走前の札幌記念で掲示板を確保した力は本物であり、ジックリと控えて運んだ前走が乗り違いだったと言っていい。その札幌当時の丸山騎手に戻っての先行策で、ハンデも恵まれた55キロだったのなら、勝つべくして勝ったと言えるだろう。

 2着マイスタイルは、逃げ馬を深追いしたように見えても、これはこれで自分の競馬。タメて運んでどうこうのタイプではないだけに、この馬なりに力は出し切れていたように思う。

 3着エアアンセムは、ライバルたちが前で運ぶこともあってか、意識的にそれを見る形での追走だったが、勝負どころからの勝ち馬との反応の差は大きく、2着馬すら捉え切れなかった。ハンデ差もあったろうが、もう少し時計のかかる馬場の方がいいタイプだろう。

 4着ナイトオブナイツは、中団からこの馬なりに伸びてはいたが、勝ち負けになるにはもう少し前で運びたかったところ。

 5着ルミナスウォリアーも、自分の競馬に徹してジワジワと差を詰めただけであったが、1年もの長いブランクから立ち直りの気配は見せたと言える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル