530キロの巨体に感じる大化けの可能性 外国産馬ストロングタイタンに★5つ

【優馬2歳馬チェック】
夏のローカル開催もいよいよ残り1週。なかなか「これは!」という馬が見つからなかった小倉デビュー組からも、ようやく素質馬が出てきた。530キロの好馬体の持ち主、ストロングタイタンに★5つの評価!(写真は土曜新潟の新馬戦を勝ったダンディーアロー)

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫力の好馬体 外国産馬ストロングタイタン

8/30(日) 小倉5R 2歳新馬 芝1800m
ストロングタイタン 牡 馬体重:530kg
★★★★★ 5点〔1600万クラス〕
騎手:浜中 厩舎:(栗) 池江寿
生産: アメリカ
父Regal Ransom
母Titan Queen(Tiznow)

8頭立てとはいえ外枠からのスタートで、道中は無理せず3番手を追走。3角辺りから徐々に気合いをつけていったが、直線に向くと逃げた2着馬をアッサリと捉えてしまった。レースのラスト3Fは11秒8-11秒8-11秒8。コーナーワークなど、まだまだ成長の余地を残しつつも、余力十分の勝ちっぷりは秀逸。小回りよりも広いコースの方が断然良い。

馬体診断

530キロという大型馬らしく、胸前の筋肉や尻回りのボリュームはこの時期の2歳馬としては別格。各部のパーツがしっかりとしており、飛節や繋の角度から、馬体の緩さが解消してくれば、芝の瞬発力勝負にも対応してきそう。今後の成長次第では大化けする可能性も?

血統診断

父Regal Ransomは現役時にUAEダービー(首GII)、スーパーダービー(米GII)を勝ち、半妹にアメリカでGIを3勝、ケンタッキーダービーにも出走したDevil May Careがいる血統。母の父TiznowはBCクラシックを連覇した名馬で、母は未勝利ながら米GII勝ち馬を産んでいる。全体的にはアメリカのダート血統色が強いが、日本の芝とも相性が良いのは歴史が証明済み。

馬券の狙い目→芝の中距離、現状では上がりのかかるレース向き。ダートは最終手段か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル