重賞連勝コパノキッキング 聞き捨てならないマーフィーの言葉

佐藤直文 レース回顧
根岸S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな競馬もできたのか コパノキッキング

 大外からマテラスカイが一気にハナを奪う展開は大方の予想通りだったが、行き切ってからの後続のプレッシャーもなく溜め逃げの形となり、意外と落ち着いた流れになった。乾いたダートで前半3ハロンが35秒0というのは、けっして遅くはないのだが、数字以上のスローペースだったように思う。

 コパノキッキングは、課題のスタートを決めて中団の外目で流れに乗る今までにない競馬。手応え十分に直線を向いてからもすぐには追い出さず、直線の半ばから溜まっていた脚を爆発させた形だ。距離延長への懸念もあった中で、巧く脚を使わせたマーフィー騎手の腕もあっての快勝と言えるだろう。陣営からは、次は藤田菜七子騎乗でフェブラリーSへ、というアナウンスもあったが、今日のところは落ち着いた流れと鞍上の手綱捌きで距離を克服した感も受け、実際にマーフィー騎手の“マイルは少し長い、ベストは1200mかも”というコメントも聞き捨てならない。ここは、再調整してドバイへ、という選択肢もあるのではないだろうか。

コパノキッキング

4歳馬コパノキッキングが重賞連勝のゴール(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ユラノトは、好枠を利して絶好のポジションで運び、全くロスのない立ち回りができたのは、これまた鞍上の腕によるところが大きかったか。1400mという距離も全く問題はなく、最高の競馬ができた今日の結果については、相手を褒めるしかないだろう。

 3着クインズサターンは、最内枠もあってか、出して行っていつもよりも前目のポジションに。道中でも馬群の外へ持ち出すことができなかったが、結果的にこれが幸いし、直線ではバラけた馬群の内目から脚を伸ばすことができた。距離不足の140mでこれだけやれた、という点では、次へ望みを繋ぐ走りだったように思う。

 4着モーニンは、後方待機組の中ではただ一頭だけ、大外から目立つ脚を見せたもの。往年の力は望めないとしても、展開ひとつでまだまだチャンスがあるかもしれない。

 5着ワンダーリーデルは、好位で流れに乗って直線でも渋太く脚を使っての大健闘。上位とは力の差と言えるが、自分の競馬はできたように思う。

 サンライズノヴァは、出遅れはいつものこととして、道中で脚を小出しに使っていた印象。思ったよりもペースが上がらなかったためなのかもしれないが、直線を向くまで脚を溜める形で結果を出してきた馬であり、自分の競馬に徹することができなかったことが最大の敗因だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル