2億5千万の高馬が本領発揮 ダノンチェイサーが勇躍クラシックへ

佐藤直文 レース回顧
きさらぎ賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捉えて突き放して快勝 ダノンチェイサー

 直前に降り出した雨の影響もあったかと思われるが、前半1000mは61秒2のゆったりとした流れで、しかも離し逃げの展開だったことを考えれば、後続はかなりのスローペース。キレ味を削がれる馬場もあって、前々で運んだ馬に有利な競馬となった。

 ダノンチェイサーは、陣営も不安視していた折り合いに全く問題がなく、途中から離して行った逃げ馬のペースにも惑わされずに、直線を向くまでしっかりと脚を溜めていた。そんな鞍上も巧かったと言えるが、前を捉えて後続を突き放した脚は、さすが2億5千万円の高馬と言えるもの。クラシック戦線にまた一頭、楽しみな馬が名乗りを上げた形だ。

ダノンチェイサー

3番人気ダノンチェイサーが2馬身差の勝利(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着タガノディアマンテは、出遅れて一時は離れた最後方だったが、今日のペースであの位置からよくここまで追い上げたもの。オルフェーヴル産駒らしい型破りのタイプで、いずれ大化けするかもしれない。

 3着ランスオブプラーナは、これだけのマイペースで運べたことが全てと言っていいが、一気の距離延長にも対応できたセンスは評価に値する。

 4着ヴァンドギャルドは、レース中盤に持って行かれ気味になり、ラストの伸びも一息。渋った馬場の影響もあったかもしれないが、プラス6キロの馬体もちょっと重かったか。

 アガラスも、プラス12キロの太目残りが響いた印象。出遅れた上に道中で折り合いを欠いては競馬にならなかった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル