むしろパワーアップ プラス32キロのデアレガーロ文句なし

佐藤直文 レース回顧
京都牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチリ捉えて初重賞制覇 デアレガーロ

 前半3ハロンが34秒7という適度なペースで、本来はどの位置からでも、という流れだったが、上位6着まで二桁馬番の馬が占めたように、連続開催最終週の内目が荒れた馬場で外枠が有利だった印象を受けた。

 デアレガーロは、中団で流れに乗り、2着だった昨年よりもスムーズな競馬。直線でバラけたところで進路を外へ切り替え、キッチリと前を捉える文句なしのレースぶりだった。昨年の2着馬の割りに人気を大きく下げていたのは、前走比プラス32キロの馬体重のせいもあったかもしれないが、追い切りの動きも良く、昨年との比較でプラス10キロなら、そこまでの重目残りではなかったろう。むしろパワーアップを果たしたことで、今後も楽しみになった。

デアレガーロ

9番人気のデアレガーロ(黄帽)が重賞初V(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着リナーテは、後方でジックリと運んで、直線でも馬場のいい外目からよく脚を伸ばしていた。自分の競馬ができたことや、ステイゴールド産駒にとっては少し時計のかかる馬場など、好走の条件が揃ったと言えよう。

 3着アマルフィコーストは、けっして前有利の流れではなかったにもかかわらず、渋太い粘りを見せた。まだ1600万級の身であり、自己条件に戻れば改めて注目すべきだ。

 4着アルーシャは、流れに乗って自分の競馬はできていたが、もっとキレ味の生きる馬場が理想の馬。それでも、十分にメドの立つ内容で、重賞制覇もそう遠くはない時期に実現しそう。

 5着ミスパンテールは、昨年よりも速い時計の決着だったとはいえ、これまた4着馬同様に持ち味がフルに生きる馬場ではなかった印象。

 ワントゥワンも、自分の競馬に徹して最後方から差を詰めたが、同じように持ち前の瞬発力が削がれる馬場だったと言える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2019

ドバイワールドカップ特設サイト

2019年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル