福永ミスターに追い風 対する武豊ダイアナには不利なデータが

重賞データ攻略
阪急杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1400mという条件が難解さを演出しているが、高松宮記念の前哨戦として重要な一戦でもある阪急杯。暮れの阪神Cの上位馬が再び相見えるが、歴戦の強豪や上がり馬も虎視眈々!

大荒れはレアケース

 昨年は人気上位2頭の猛追を7番人気の伏兵が凌ぎ切って勝利。一昨年はというと、12頭立てながら7→4→12番人気で決着し、3連単は248万円と大波乱。今年はどうなる?

人気別成績(過去10年)
1番人気〔2.2.1.5〕
2番人気〔3.1.2.4〕
3番人気〔0.2.0.8〕
4番人気〔2.3.0.5〕
5番人気〔0.1.3.6〕
6~10番人気〔3.1.2.44〕
11番人気以下〔0.0.2.58〕

 連対馬20頭中16頭までが5番人気以内。例外の4頭中3頭は7番人気で勝利していた。また、2桁人気馬は3着に2頭いるのみで、基本的に大振りは分が悪い。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔1.4.6.21〕
5歳〔7.3.1.29〕
6歳〔1.2.1.40〕
7歳以上〔1.1.2.40〕

 4~5歳が中心。高齢馬も馬券に絡んでいはいるが、率は一息。牝馬は〔1.2.2.25〕という成績で、馬券に絡んだ5頭は4~5歳馬。6歳牝馬ダイアナヘイロー、7歳牝馬レッツゴードンキは割引きが必要か。

枠番別成績(過去10年)
1枠〔2.3.0.14〕
2枠〔3.1.3.12〕
3枠〔0.2.4.13〕
4枠〔0.1.1.17〕
5枠〔0.0.0.20〕
6枠〔1.1.0.18〕
7枠〔3.1.0.18〕
8枠〔1.1.2.18〕

 開幕週らしく1~2枠の内枠が優勢。真ん中あたりの3~5枠からは勝ち馬が出ておらず、注意が必要。全体的には内枠か外枠、極端な枠の方が良さそう。逃げた馬の成績は〔3.1.0.6〕、連対馬の半数は差し馬だった。

中心は阪神C組だが…

 近年はやや振るわないが、過去10年で最も馬券に絡んでいるのが阪神C組。2ヵ月ほどの間隔に加えて、条件が同じなのだから、関連性が高いのは当然と言えば当然だが…。

前走レース別成績(過去10年)
阪神C〔3.3.3.14〕
シルクロードS〔2.2.0.21〕
東京新聞杯〔1.1.1.13〕
1600万〔0.0.1.10〕
OP特別〔1.0.2.32〕
GIII〔4.7.2.59〕
GII〔3.3.3.16〕
GI〔0.0.2.12〕

 その阪神C組だが、6着以下からの巻返しが半数近い4頭もいて、取捨の判断が難しい。特徴的なのは明け4歳馬が〔1.2.2.2〕と高い好走率を誇っている点。これは、3歳暮れの時点でGII戦に出てくるような素質馬ゆえに、GIIIのメンバーなら好走できるということか。今回はミスターメロディがこのパターン。

 一方、前走・GI組は連対すらない。スプリンターズSやマイルCSからだと、阪神C以上に間隔が空くため調整が難しいということもあるのだろう。かといって前走・1600万組も3着が1回あるだけ。ある程度の実績はやはり必要か。

阪急杯連対馬のポイント(過去10年)

  • 重賞3着以内(20頭中16頭)
  • 阪神芝で3着以内(20頭中16頭)
  • 芝1400mで1着(20頭中16頭)
  • 前年以降に3着以内(20頭中19頭)
  • GIで5着以内か0.5秒差以内(20頭中13頭)

 ◎は実績面、臨戦過程も文句のないミスターメロディ。8枠16番もデータ的にはプラス材料で、阪神C2着に続く好走も可能と見た。2番手評価は減点の少なかった組から、6枠11番のロードクエスト

ダイアナヘイロー

阪神Cではダイアナヘイロー(左)に敗れたミスターメロディ(右)が今回は有利(撮影:日刊ゲンダイ)

 以下、△には3枠の2頭、ラインスピリットスターオブペルシャ、2枠3番のロジクライ、8枠17番のスマートオーディンまでを押さえたい。

結論

◎ミスターメロディ
○ロードクエスト
△ラインスピリット
△スターオブペルシャ
△ロジクライ
△スマートオーディン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル