他馬の凡走に助けられたわけでは… ウインブライト今なら中山以外でも

佐藤直文 レース回顧
中山記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI馬5頭を従えての連覇 ウインブライト

 ケレン味のないマルターズアポジーの逃げにより、1000m通過は58秒2と、各馬が力を発揮できる淀みない流れとなった。GI馬が5頭も顔を揃えたメンバー構成にふさわしい、ハイレベルな戦いだったと言えよう。

 ウインブライトは、縦長の展開で前とは離れた4番手でスムーズに折り合ったもの。前走の中山金杯は中団に控える競馬だったが、今回は理想のポジションで運んで、コース巧者ぶりを如何なく発揮した形だ。ただ、勝負どころから長く脚を使って、上がり3ハロンも自身最速タイの33秒7をマークしたという点では、単なるコース適性の高さだけでなく、ここへきての地力強化も目覚ましいと言える。デビュー以来の最高体重だった前走から更に2キロ増えた馬体も充実の証しであり、GI馬5頭が2~6着を占めた結果を考えても、他馬の凡走に助けられた勝利ではない。今なら中山以外の舞台でも、悲願のGIタイトルが見えてきたのではないだろうか。

ウインブライト

連覇のウインブライト(白帽)、中山の重賞はこれで4勝目(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ラッキーライラックは、2番手から逃げ馬を捕まえに行く展開はけっして楽ではなかったが、大きなフットワークで最後まで止まってはいなかった。3歳時と比べても一皮剥けた走りで、今後が楽しみになる内容だった。

 3着ステルヴィオは、中団から勝ち馬を追うようにして進出し、直線では外から突き抜けるかの勢いだったが、坂を上がってからの伸びは勝ち馬の方が一枚上だった。プラス12キロの馬体も太目ではなく成長分であり、このあと順調であれば目標の大阪杯でも上位を争えるはずだ。

 4着スワーヴリチャードは、右回りというより中山コースは合わない印象を受けるが、それでも渋太く脚を伸ばしていた。今日のところは、プラス14キロの太目残りも響いたか。

 5着エポカドーロは、3番手から自分のペースで運べていたように見る向きもあるが、道中で息が入るシーンが見られなかったように思う。同じハイペースでも上がりを要した皐月賞とは違い、上がりも速かった今回はこの馬には厳しかったか。

 ディアドラは、中団で流れに乗れていた反面、速いペースで追走に脚を使わされた印象、ただ、ドバイへのステップレースとしては悲観すべき内容ではないだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル