一瞬ヒヤリも余裕のV 2歳女王ダノンファンタジーが好発進

佐藤直文 レース回顧
チューリップ賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陣営の仕上げも見事 ダノンファンタジー

 本番の桜花賞と同距離ということもあって最重要トライアルの位置付けがなされているが、有力馬は本番を見据えた仕上げとなるのが常であり、ここで出走権を狙うべくキッチリ仕上げてきた馬にとってはそのあたりが付け入る隙となる。ただ、実力で抜きん出ている馬が9分に近い仕上げで臨んできたのであれば、手の打ちようがなかったか。

 ダノンファンタジーは、抜群のスタートを切った上で好位のインにスッと収まる形。1000m通過59秒9の落ち着いた流れでも、実にスムーズに折り合いも付いていた。直線を向いた時点では前が壁になってヒヤリとさせられたが、鞍上も手応えに自信があったのか、落ち着いて外へ進路を切り替えるとアッという間に抜け出す、着差以上に余裕のある完勝だった。テンションが上がらないように気を配りながら、前述したように9分近くまで仕上げてきた陣営も見事であり、本番へ向けてこの上ない好発進ができたように思う。

ダノンファンタジー

断然人気に応えて前哨戦を快勝したダノンファンタジー(白帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着シゲルピンクダイヤは、大外枠から立ち遅れたこともあって、そのまま後方でジックリと脚を溜める形。直線で外へ持ち出されると、ダイワメジャー産駒らしからぬキレ味を披露した。キャリアを考えても、今後の伸びしろが見込める馬だろう。

 3着ノーブルスコアは、これまた後方で脚を溜めて、直線では馬群を捌いて渋太く伸びたもの。相手なりに走れるタイプだが、理想はもう少し時計のかかる馬場かもしれない。

 4着ドナウデルタは、中団で流れに乗り、残り1ハロン手前では一旦は完全に抜け出すシーンもあった。残念ながら本番への出走権は獲得できなかったが、先々が楽しみになる走りではあった。

 5着シェーングランツは、道中はスムーズに追走できていたが、勝負どころでの反応も追われての反応も共に一息。プラス体重は戻ったもので、中身の濃い調教を積んできたようにも思えたのだが、この結果を見るとそこまでの仕上りではなかったか。

 メイショウショウブは、出遅れが痛かったとはいえ、その後に脚を使ってしまったのが全てだった。今日のところは参考外と言えるかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル