難解ファルコンSで、3つの連対ポイントと前走条件を満たした堅軸馬

重賞データ攻略
ファルコンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2カ月後のNHKマイルCに繋がる注目の一戦。今年も各馬の能力や適性の面で不透明な部分が多く混戦模様だが、そこから抜け出しGI戦線の主役候補に名乗りを上げるのは?

決め手が生きるレース

 1200m戦をスピードで押し切ってきた馬が複数参戦するためか、ペースは緩みにくい。馬場改修後の7年間で逃げ馬の馬券絡みはなく、中団から鋭い決め手を繰り出せる馬が狙い目となる。

脚質別成績(過去7年)
逃げ〔0.0.0.7〕
先行〔2.3.3.19〕
差し〔3.3.3.43〕
追込〔2.1.1.32〕

 昨年は珍しく先行勢での決着となったが、過去7回のうち5回は4角9番手以下だった差し~追込馬が優勝。上がり3F最速だった馬が〔5.1.2.4〕と好成績であるように決め手が生きるレースだ。

重賞組が好調、前走距離もポイントに

前走クラス別成績(過去7年)
GI〔0.3.2.9〕
GII〔0.0.0.1〕
GIII〔3.2.2.14〕
オープン特別〔2.0.0.31〕
500万〔2.2.2.37〕
未勝利〔0.0.0.6〕
新馬〔0.0.0.1〕

 前走で重賞に出走していた馬が合わせて〔3.5.4.24〕と中心的存在。今回のメンバーではハッピーアワー(シンザン記念5着)とローゼンクリーガー(阪神JF12着)の2頭がこれに該当する。次点で好走が目立つ500万組だが、そこで1番人気だった馬に限れば〔2.1.1.6〕と好成績。今年はグルーヴィットジャパンスウェプトダノンジャスティスが条件に合致する。

ハッピーアワー

前走シンザン記念で5着、OP勝ちの実績もあるハッピーアワー(撮影:日刊ゲンダイ)

前走距離別成績(過去7年)
1200m〔0.0.1.28〕
1400m〔4.2.1.36〕
1600m〔3.4.5.35〕

 ペースの緩まないタフな展開になることが多いためか、前走で1200m戦に出走していた馬は連対がなく苦戦。馬券は1400m以上を走っていた馬から狙いたい。

実績面のポイントは?

 続いて連対馬の実績面に注目。ポイントは大きく分けて3つ。

ファルコンS連対馬のポイント(過去7年)

  • これまでに中央で2勝以上(14頭中12頭)
  • 上がり3F最速で1着の経験あり(14頭中12頭)
  • 左回りで連対(14頭中10頭)

 上記3点をすべて満たすのがイッツクールヴァッシュモングルーヴィットスタークォーツハッピーアワーの5頭となる。やはり重賞で上位争いをするためには1勝馬では苦しい。また、直線に坂のある中京コースという事もあり、前述したように決め手を持っていることが重要で、左回りに良績があるということもポイントとなっている。

 ◎はハッピーアワー。先に挙げたように好成績の前走・重賞組で、長めの距離を走ってきたという条件も満たしている。また、実績面のポイントもすべてクリア。近2走はマイル重賞で3、5着だが〔1.2.0.0〕と得意の1400m戦ならそれ以上の走りが期待できる。○はヴァッシュモン。オープン特別からの臨戦となるが、その前走では長めの1600mを走っており、実績面もすべてクリアしている。

 相手候補には前走1200m組を除いて、実績面の条件をすべてクリアしたグルーヴィット。今回、初めての芝レースとなるが、ロードカナロア産駒は昨年の中京芝で、複勝率31%と上々の成績を残しており狙い目は十分。また、数少ない重賞からの臨戦馬であるローゼンクリーガーもこれまでに上がり3F最速の1着こそないが、それ以外の条件はすべて満たしているので穴馬候補に。以下、前走500万で1番人気に推されていたダノンジャスティスを押えておきたい。

結論

◎ハッピーアワー
○ヴァッシュモン
△グルーヴィット
△ローゼンクリーガー
△ダノンジャスティス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2019

ドバイワールドカップ特設サイト

2019年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル