直線あっという間に マイルより千四ベストのハッピーアワー

佐藤直文 レース回顧
ファルコンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重賞初Vの師に ハッピーアワー

 前半3ハロンが34秒2という少し渋り気味の馬場を考えればマズマズのラップ。脚さえあればどんな位置からでも、という流れだったように思える。

 ハッピーアワーは、課題のスタートを少し安目を売った程度に抑えたが、後方で折り合ってジックリと脚を溜める自分の競馬。直線入り口でもまだ後方の位置取りだったが、馬群が密集していたこともあり、追い出されてからあっという間に先頭に躍り出ての快勝だった。ハービンジャー産駒らしく少し時計のかかる馬場も良かったが、距離もマイルより1400mの方が合うのだろう。馬群を捌くのに苦労しない大外枠も良かったと言える。

 2着グルーヴィットは、初芝もあってか序盤は追走に苦労していたが、直線では勝ち馬と並んでいい脚を使っていた。距離はもっと延びて良さそうであり、芝でもやれることを示したことで、今後が楽しみになったと言える。

 3着ローゼンクリーガーは、枠なりに好位のインを立ち回って、最後まで渋太く脚を使っていたが、上位2頭とは力の差が歴然としていたか。距離に関しては1400mがピッタリの馬だろう。

 4着ショウナンタイガも、同様に距離ロスのない競馬での善戦。自己条件に戻れば、勝機も近そうだ。

 5着ブリングイットオンは、直線で一旦は前が壁になりながらも、外へ立て直されからジリジリと脚を使っていた。この距離にメドが立ったという意味でも収穫はあったと思える。

 ヴァッシュモンは、仕上り自体は良く映ったが、少し気分良く行き過ぎたのか。あるいは、瞬発力勝負が合わないのか。いずれにしろ、今日のところはキャリア不足が露呈した印象を受けた。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル