「アレヨアレヨ」でランスオブプラーナ もうワンランク上の相手には…

佐藤直文 レース回顧
毎日杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本質的にはマイル寄りか ランスオブプラーナ

 一昔前までは“東上最終便”の異名もあった皐月賞出走への座を賭けた戦いであったが、近年の勝ち馬の顔ぶれを見ると、皐月賞よりもその先に繋がる出世レース。今年もまた、上位組には将来が楽しみな馬が出現したと言える。

 ランスオブプラーナは、1000m通過ラップが60秒7というマイペースに持ち込めたことが最大の勝因。しかも、3コーナー手前からスッと引き離したことにより、勝負どころで息を入れることができて、最後の二枚腰に繋がったと言える。今後は当然、皐月賞も視野に入りそうだが、もうワンランク上の相手で今日のような楽な展開を望むのも酷な話であり、加えて本質的にはマイル寄りの馬かもしれない。

ランスオブプラーナ

外ウーリリの追撃を振り切ったランスオブプラーナ(白帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ウーリリは、絶好位と言える好位のインから、ロスのない競馬で勝ち馬を追い詰めた形。もうワンテンポ早く動いて勝ちに行く競馬ができなかったのは、まだ気性的に幼い面があるためと思えたが、キャリア1戦でこれだけの走りを見せたのだから、これは本当に先々が楽しみになった。

 3着ヴァンドギャルドは、4コーナー最後方からメンバー最速の上がりを駆使しても届かない展開だったが、ペースにかかわらず後方でジックリと脚を溜めて運ぶ形は、気性面の課題もふまえた戦前からの決め打ちだったろう。結果的に脚を余したとはいえ、1800mも明らかに距離不足の馬であり、青葉賞からダービーへ駒を進めることができれば、惑星の存在となるかもしれない。

 4着ケイデンスコールは、後方から直線では馬群を割ってなかなかの伸びを見せた。今日のところは久々の分もあり、目標のNHKマイルCに向けては上々の内容だったと言える。

 5着マイネルフラップは、スローな流れもあってか、勝負どころから動いて出るここ2戦とは違う形の競馬。展開が向かなかったこともあるが、最後に伸びを欠いたあたり、直線まで動かない競馬の方がいいのだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・人気
  • 想定騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル